"220 Outdoor and Ecology" Mens camp Diary

2016年5月27日

ダウンリバークライミング

ぶっちゃけダウンリバークライミングと言う言葉もジャンルもありませんが、川を下りながらクライミングをすると言う新しい世界には、もちろん新しい出会いが待っていました♪

クライミング自体も強くなりたいですが、新しい挑戦が好きなんだな~♪

今後も自分なりに自然に向き合っていきます♪   

場所は仁淀川、越智の立川キャンプ場の対岸、見えてる秘境エリアです!!

 

 

2016年4月13日

継続中

FacebookやInstagramで言いたい事、大体言ってしまってたら別にブログまでたどりつかなくなってたトモキングです!!

ご無沙汰です!!

クライミング...継続中です✨
一度モチベーションが下がりかけたのですが、ノースフェイスの方々や県外の方々に、四国の自然は凄い!と言っていただいた事により、やはり四国の大自然に囲まれて生きているのだから、思いっきりやり続けよう!!!!とそんな風にモチベーションが復活❗️✨

そして先日備中へ行った時もブログを見てる!なんて言われて...😑💕
ブログ...続行いたします!!!w

クライミングは自分との戦い!
67キロだった体重は64キロに!人に優しく、自分に厳しく!!頑張ります♪

image.jpeg

2015年12月 1日

シャークヘッドロック

 

2年ほど前から出会っていた大きな岩。

岩の感じからしても、きっと誰も登った事の無い岩。
ノッペリとした薄かぶりの下部、フレークガバから点々とホールドは続き、三日月状にかぶった穴からここを登れ!と言わんばかりの分かりやすい、真っ直ぐなラインが上へ上へと続く岩。

本気トライをしに来たのは3度目。
その間にノーマットで下部を触ったり、仕事帰りに少し寄ったりは何度かありました。

頭ではイメージはできていたんです。

きっと2度目のトライでもうまくやれば登れていたのかもしれません。

ですが、海面から飛び出したサメの頭の様ないでたちと高さから来る威圧感、そこから生まれる緊張感は体中を固く締め上げて動きを制限して行きました。
「恐怖心」と言う気持ちは良いものか悪いものか...。
とにかく厄介で、人の行動に制限をかけて行きます。

子供に「それをやると危ないからしちゃいけないよ!!」と行動を止めてしまうのと一緒で、自分自信にも「しちゃいけない」と感じ、いつのまにかそれは「できない」に姿を変えています。

その「できない」を「できる!」に変えて行く為には、圧倒的にそれを上回る技術を得る必要もあると思いますし、その為に日々努力を積み重ねが必要になように思います。
...なんでもそうなんですけどね!笑

人は言います。
「岩に登って何になるの?」

その気持ち、すごく分かります!笑
実際何にもならないんです。

ただ僕は、この無駄のように感じる「時間」を存分に使えると言う事はとても幸せで、贅沢な事だと感じています。
考えてみて下さい。
明日食べるご飯が無い!と言う人はきっと岩を登りません。
来月、生活をして行く余裕が無い!と言う人はきっと壁を登りません。

自由を作り出せ、幸せに包まれ、安全をある程度確保されてる日常をに包まれているから、僕は岩を登れています。
自分と向かい合う時間を取れています。
恵まれているとしか感じず、クライミングや、家族、仕事、なんでも好きな事をする事はとても贅沢な事だなと僕は感じてます。

精神的にも強くなれ。
自分の弱さを学べ。
知らない景色を見て。
知らなかった自分に出会え。
肉体は美しくなり。
自分が地球の一部分である事を感じる。

登れてよかったです。

   鮫肌        初段   First Ascent

アイドット  1級   First Ascent

2015年11月25日

急成長とトレーニング


ここ4ヶ月の間に、計7段ゲット。

...ただの自慢です!!w  

どーもおひさし!!トモキングです!!!!


なぜこんなに急成長を遂げる事ができたのか...
そこには実は秘密があるのです。

僕は秘密を教えるタイプ(軽い)タイプなんで、特別に教えましょう。

こちらです!

IMG_4247.JPG



あ...

こちらです!!!

IMG_3778.JPG


竹虎のぞうり。(小さめ)

そうです。ぞうりです。

指ソックスを履いて、スニーカーのように履き、1日歩き込んでみて下さい。

鬼のように足の裏、指が筋肉痛になり、その後、今まで感じた事のないバランス感覚が養われます。

ポイントとしては指ソックスを履く事。

ソックスを履くと滑るので指で押さえ込もうとします。これがイイんです!!

素足だとフリクションがシッカリしてるので、フリクションで止まる感じ。
それはそれで気持ちイイんですけどね

とにかくこれが最近登れるようになった秘密です。

...

ウソだと思ったら試して下さい!!!!!!!!爆笑

http://www.taketora.co.jp/fs/taketora/zo00002



購入される場合はHPでもいいですが、竹虎に行って、昔ながらのサイズを!と伝えて、必ず小さめのサイズを購入をオススメします!!

僕は26cmで、女性用を履いてます。


IMG_4345.JPG



2015年10月13日

シーズンインザサンっ!!

10月!!そう。

完全なるクライミングはシーズンインザサン!!!

この乾燥した空気感!!そう。

シーズンインザサン!!!

コンディションがイイから、言い訳は言えない!!!
 
先日は日ノ御子で、初段をこの日の3便目、1級を2便目で完登てきて、調子までシーズンインザサン!!!!
 
初段三本目!!
今年の目標まであと二本です♪
 

image.jpeg

 

 
 

 

 

そして日高のprojectもトライしてみました...

 

が、時間切れであえなく敗退。

 

次には完登できそうです!!!!

 

☆good climbing life☆

 

2015年7月14日

iwawo


iwawo...岩を触りたいです。


雨ばかりで、休みもそんなにないので、調整してトライできる時を待つのみなのです!!!

最近の成果をぽちぽちと紹介します。
 


四万十町佐賀の海沿い。

西南大規模公園のトイレのある駐車場を降りて、西に歩くとある岩なんですが、なんか全体的にモロイ印象かつガビガビ!!

でも絶妙なホールドの配置と距離感がいい感じです!

左抜けがむずかしくて、この動画以来触ってません。

『SIBUKI』2級







いの町吾北ムササビの里より少し奥の国道沿いにあるエリアムササビ!!別名ワンショルダー渓谷!!

この課題は僕の中で特別な一本。

高知県の強いクライマーが再登してくれて、いいライン!と言ってくれて、ほんとに初登する喜びを学んだ一本。

『musasabi』  2級です。




 

そしてこちらもワンショルダー渓谷。

かどたと言うストアの裏のエリアです!!

とんでもなく綺麗な景色が広がっております。

最後の最後で雨が降ってきて、あきらめそうになったんですが、とても集中できました!!

一本目  『クローディースカイ』2級
二本目  『スティアーズオブチルドレン』2級です。


あー岩を!!!!!!!!!!!!!!   触りたいです...。










2015年5月 9日

新たな挑戦

IMG_4447.JPG

 

 

カナディアンカヌー始めました。

 

なぜかと言いますと、誰も知らない岩を登りたいからです!!

 

なので、カナディアンカヌーなんて別に...どーでも...と心では思っていたのですがっ!!!!!!

 

ところがどっこい!!!

 

やってみないと分からない!!!

 

一言いいですか。

 

...

 

クライミングなんかより全然難しいじゃねーか!!バカヤローっ!!!!!!!!

 

...どーも。

日本を代表する、カヌイストならぬ、オナニスト。

カナディアン上田ですぅ~。すぅ~。

 

 

 

カナディアンに限っての話なんですが。

 

難しいと言うか...根本的に35キロ以上あるカヌーを一人で担ぎ上げれないといけません。

 

僕ははっきりいって、並の方よりは力はある方だと思います。

 

慣れもあるかもしれません...

 

あまり大きい声では言えませんが...

 

 

ぜってぇ、ヘナチョコには持てねえからなっ!!!!!!!!www

 

IMG_4403.JPG

 

準備を済ませ、まずは流れの少ない大渡ダムへ。

 

ここは初めてだったので降り口が分からず、無理やりな感じで川へ出ました。

準備に必死すぎて、カメラを忘れ、ノンフォトであります。チーン

バス釣りをされてるボートが多く、ノンフォトと言う事もあり、岩も軽く探りながら、漕ぎ方の練習。

Jストローク(片側だけを漕いでもまっすぐ進む漕ぎ方)とやらを集中的に練習してみると...

 

ものの10分でマスター。

 

センスの塊っ!!!!!!!!!!!!

 

2時間くらい漕いで次のポイントへ移動。

 

 

 

この車への、上げ下ろしが、地味に...いやマジでキツイです!w

 

軽なのに...w

 

IMG_4405.JPG

 

少し下流で気になるポイントがあったのでそちらに向かい、河原で船を下ろすことに。

 

IMG_4421.JPG

 

風を背中に受けて、風下に向かいます。(この時風の威力に気づいていない。)

 

川の流れとは逆方向なのにスイスイ進むなー♪  ほんと、俺の漕ぎ方、天才なんやろーなー♪

と思いながら、瀬が見えて来たので流れの手前で方向転換して、下流え向かうことに。

 

イメージでは、川の流れに身を任せ~♪状態ですよ!!!

 

あなた~の色に染められ~♪状態ですよ!!!!

ですが現実は...

 

進まない。

 

と言ううか、方向転換すらできない...。

 

やばし...。

 

気づきました。

 

風の影響を受けて、カヌーが流されているんです。

 

風速5mにもみたないような風に!!

 

 

あせった僕は、な、なにかないか!!なにかないのかっ!?と鞄を探ると...ありました。

 

IMG_4424.JPG

 

カヌーに付属でついてた冊子を鞄の中に入れていたのだ。

 

助かった。

 

開いてみると...

 

カヌーとは、カリブに先住したアラワク族インディアンの言葉で、カリブ海周辺の小型舟艇の名称である。それから転じて、世界各地の伝統的な丸木舟を指して使われる用法が一般化しているが、明確な定義は無い。なお、現代の英語において「カヌー」と呼ばれうる船舶は、地域により「カヌー」「カノア」「カノ」「ワカ」「ワア」「ヴァカ」など様々な名で呼ばれている。』

 

...なるほど~♪

 

 

カノアとか言うんだ~ってバカっ!!!!!!!!!!!

 

大切に鞄にしまい、風が止んでる間に船を方向転換し、風に立てることに成功、そこからはしっかりと漕いでいると、流される事はありませんでした♪

 

水上での風の影響は大きいのだなぁ。と言う事を肝に銘じました。

 

その後イイ岩をいくつか発見したので、今後の展開が楽しみです♪

 

IMG_4431.JPG IMG_4433.JPG IMG_4435.JPG IMG_4445.JPG IMG_4441.JPG IMG_4442.JPG

 

 

ご清聴、ありがとうございました。

 

そして今回、カナディアンカヌーを購入するにあたって、いろいろとお世話になった、レモレモカヤックスの鈴木さん、ありがとうございましたん♪

IMG_4409.JPG

2015年4月30日

夢を現実に。

初の石鎚山北壁登攀前夜、久しぶりに降る恵の雨を、青年は少し恨めしく思っていた...

って、小説かぁーいっ!!!Tomokingでーす♪


いやぁ〜ついに行っちゃいましたよ〜。石の鎚の?北の壁?と書いて石鎚北壁っ!?

ん〜ん〜ん〜。

前の日雨ですよ!!

ん〜ん〜ん〜。

諦めムードプンプンですよ!!

こで終わりか?


と、思ったのですが、こちらからお願いしてる事ですし、登れなくても登山を楽しんだと思えばイイじゃない!!と思い、きっちりまとめあげたギアを持って、朝の5時に自宅を出発。

今回、初北壁の僕を連れて行って下さったのは10年以上クライミングの経験を持つ、バッタさん。
ありがとうございましたm(_ _)m


今回の計画は、アプローチは土小屋からで、一度頂上へ上がり、荷物を置いて、懸垂下降で降りて、ダイレクトルートを登り返すと言うプランでした。

石鎚のスカイラインゲートは7時に開くので、7時にゲート前の駐車場で待ち合わせをして、乗り合わせ土小屋へ。

聞きたい事が石鎚山ほどある...ぁ。山ほどある僕はバッタさんを質問攻め!やれ、懸垂下降のバックアップの取り方や、ソロはどぅやるのかなどとにかく会話は途切れずあっと言う間に土小屋到着。

かなりの軽装備だったので、ストップウォッチを押して、土小屋をスタートしました。

IMG_2331[1].JPGのサムネール画像


ガスってますが、気持ち良く、ずんずん進みます。道...ビチャビチャですやん。

この時もやはり会話は途切れず。

ひたすらしゃべり倒してました!w

すいません。



まだ雪が残ってますね!!

IMG_2336[1].JPG


地味にキモいトラバースです。
ん。ビチャビチャですやん。

IMG_2339[1].JPG

 

IMG_2340[1].JPG



天気の回復はしないまま、一度休憩を入れた後、鳥居到着。
無事を祈り参拝をして、ビチャビチャのニノ鎖へ到着...迷わず登ります。
二の鎖下に大きなトイレと、避難小屋ができています。

三ノ鎖も変わらずビチャビチャなんですが、迷わず登ります。

この三の鎖小屋は、頂上の山小屋の方いわく、避難小屋では無いそうで、山開きや、山の行事で使うそうです...。

 

な、なぬ?w

IMG_2345[1].JPG


1時間半で山頂に到着。

IMG_2347[1].JPG



その後は迷わず、天狗岳へ。

IMG_2351[1].JPG



足元は何度か滑り、フリクションがない事はなんとなく感じていました。

...大体お分かりだとは思いますが。ここまでビチャビチャですやん。

ビチャビチャは大好き...いえ。

今日に限ってはダメです。

ここで終わりか...

 

IMG_2354[1].JPG



と、思ったのですが、とりあえず目指してるのはダイレクトルートなので、北壁自体は濡れてないんじゃないかと!?

ビチャビチャじゃないんじゃないかと!?

と、言う事で、とりあえず準備をして、懸垂下降を開始。

IMG_2357[1].JPG

IMG_2359[1].JPG

 

 



...

北壁ビチャビチャで、懸垂下降ですら足が滑るとの事。

バッタさんいわく、1ピッチ目は腐りかけのハーケンやボルトが多く、落ちれないとの事。
ミスできないらしいんです。

登り返すバッタさん...

ここで終わりか...

と、思ったのですが、天気予報を見ると、4時くらいまで雨雲はないんで、荷物まとめて帰るついでに、三ノ鎖から北壁にアプローチをして、下部の状況を直に見に行こう!!と言う事になり、下山開始。

 

三ノ鎖で一応準備をして、アプローチ開始しました。

IMG_2361[1].JPGのサムネール画像



なかなか立派な踏み跡がついており、ぇー。一度迷いまして、なんとか到着〜。

IMG_2365[1].JPGのサムネール画像

IMG_2369[1].JPGのサムネール画像

岩のビチャビチャ具合を呆然と見るバッタさん...

IMG_2372[1].JPGのサムネール画像



...

ここで終わりか。

...

と、思ったのですが、よく見ると、少し上は乾いてるように見える!!...だけかもしれないけど、なんか、乾いてるよね!?
...うん。乾いてる!!

乾いてるじゃん!!※実際はビチャビチャです。

と、言う事でトライ開始です。

IMG_2374[1].JPGのサムネール画像



ここからは集中です。
とにかく、状況は最悪に近いので、リラックスの中でも、セーフティーに、しっかりと状況判断をしながらギアをセットして登るバッタさん。

IMG_2376[1].JPGのサムネール画像 IMG_2377[1].JPGのサムネール画像


ビレイポイントに着き、コールがかかり、それに返し、登り始めました。
IMG_2414[1].JPGのサムネール画像


...

ビチャビチャですやん。

IMG_2406[1].JPG



今回は、セカンドなので、思い切ってフリー『ロープや、人工物に頼らず登り切る』で登り切る事が目標でしたので、そんなに焦らず、リラックスをして登ります。
1ピッチ目。フリーで登れました。

ビレイポイントで笑顔で迎えてくれるバッタさん。

IMG_2380[1].JPG

IMG_2384[1].JPG

IMG_2381[1].JPG


視点の作り方や、バックアップの取り方、ロープの受け渡しなど、安全に行う方法を教えていただいた後、2ピッチ目スタート。

バッタさんは濡れてる中でも、乾いてる場所をうまく信じて、足を使いフリーで登って行きます。
僕が言うのもなんですが、上手いです。
そして、少しづつ明るくなり、壁も乾き始めます。

そして、ビレイ解除の声が届き、僕が登る番です。

IMG_2405[1].JPG



登り始め、足を効かせてせて、傾斜を殺していると...ズルズル。

はいフリー終ー了ーっ!!w

落ちてはないですが、足がスベッて、体制保つためにボルトに思いっきり乗ってしまいました。

もぅえーい!とボルトを踏み、被りをかわすスラブを抜けた後はできるだけフリーで登り、一つ一つ、丁寧にギアを回収。

気がつくと、もぅ目の前が石鎚山の山頂でした。

 

IMG_2398[1].JPG

 



今回学んだ事は、ギアを信じ、ロープを信じ、相方であるビレイヤーを信じ、何よりも自分自身を信じてあげないと何も生まれてはこない。と言う事と、その中で、セルフやバックアップを、取る事は少しでもトラブルを減らし、セーフティーに確実に登りきるためにとても大事な事なんだなぁ。と感じていました。
最近の僕は、このトラブルシューティング的な事ができずに、失敗が多い気がして、自分自身を見つめ直すキッカケにもなりました。

ありがとうございました。

IMG_2385[1].JPG


その後、山頂小屋で、管理人をされてる方がバッタさんの知り合いだと言う事で挨拶に行くと、あったかいコーヒーをいただき、酸味のある、ブルーマウンテン系のコーヒーが、信じられないくらいに美味しかったですm(_ _)m
2杯もいただいた後、さらにトイレの話になり、上田微生物の話をすると、愛媛県の担当の方が来た時に伝えておくよ!と言ってぐださりました!!!
近々名刺を持って、石鎚山に行かないといけませんね(o^^o)!w

その後は歩いて下山。

解散!!

かと思いきや、近くに面白いボルダーがあるとの事で...バッタさん初登の白イルカ岩に行き、スラブの三級と約初、2段を4時から6時まで登り、三級GET!
メチャくちゃにイイ課題の初、2段はリップを取りながらマントルが悪く敗退!!!
次フルパワーで登ってやる(≧∇≦)!

IMG_2422[1].PNG


ルートにしてもボルダーにしても、結果よりも、そこまでのプロセスを僕は大事にして行きます。
北壁に憧れ4年が経ち、ようやく登ってみて嬉しいんですが、きっと、もっと上手な人からしたらそんなにすごい事でもなんでもない事と思います。

ですがやった事がなく、憧れを抱いてた僕は登りきり、思いました。
『バッタさんと今日一緒に登れた。』と言う事がなによりも嬉しいんだな。と。

僕もいつか、そんな風になれるように努力を重ねます。

読んでいただきありがとうございます。

Tomoking

※文章は舐め腐ってますが、実際には舐めておりませんm(_ _)m

2015年3月29日

春キャンプ!!



3月21ー22日
ホキガミネで今年初キャンプでした!


LR650-00584.jpg

















2015年3月22日

超絶景!!伯耆大山雪山登山



なぜ山に登るのかって、
山に登ってる自分が好だからなんだよコノヤロー!!





こんばんわ、週末登山愛好家でおなじみFULLFULLでございます。

3月8日に登らせて頂いた伯耆大山、
一生の運を使い果たしたかと思う程の景色に出会いました。

LR-blog800-00325.jpg







2015年3月 4日

sibuki 2級

実は僕...
腹立った事がないんです!!


どーも!tomokingです☆

今年も、花粉症の季節が始まっちゃいましたね!!
毎年言ってますが、杉の大規模なセックスに巻き込まれている感じがして、本当に腹立ちますっ!!!!



最近はクライミングが上手くできなくて、ひしひしと、苦しみが心を蝕んで行くので、どっぷりと孤独に引き込まれ練習漬けにしたいのですが...家族の愛が甘えと言う扉を開き、居心地が良すぎる事と、美味しい食べ物の誘惑に勝てずにズルズルと2015年が進んで、はや3月です。

自分の思い描くビジョンが、ことごとく崩れ落ち、目的が達成できない日々が続いてます。

目的があるからその努力ができ、その目的を果たすチャンスが来るから報われるのだと思います。

目的を果たすチャンスの無い日々が続くと、何の為の努力なのか分からなくなってきます。

ふと『天才は苦労を苦労だと思わない。』と言う言葉を思い出し、岩を登る事に。

とにかく楽しむ事。

とにかく笑う事ですねっ☆☆☆

 

 

2015年2月26日

4WDでなきゃ!!

 

ブログを書き続けるのが、どーも苦手なトモキングです!!


きっと記事の一発一発に力入れすぎなんでしょーね!!w

今回はゆる〜く行きますっ!!!

さて...お分かりの通り、4WDを購入をすこぶる検討してまいりました。

前の車のキューブは見た目はオシャンティーなんですが、そのオシャンティーさが逆に僕の推進力を止めていました。

そこで、僕のこの内側から湧き出るアウトドア熱を存分に受け止めていただける車を買おうと悩んだ次第であります。

最低条件として『沢山荷物が載せれる4WD!!』と言う事で探してみました...しかし。

トレーラー

bambi1.jpg



これをつを引けば、なんでも良し!と言う発想が生まれ、最低条件は『4WD』と言う事になりました。

そこで、僕の選択肢上に浮上して来たやつらがこちら!!

 

バスン!!



 

メルセデスベンツg500
11002628_662829297177333_5788716848152046374_n.jpg


値段、998万〜
エンジン
113型 V型8気筒 SOHC
排気量
4965cc
最高出力/
最大トルク
296ps/46.5kgm
変速機
7速AT
渋すぎる!!
渋すぎて...逆に止めておこう!としか思いませんでした!!!
星3つですね☆☆☆



マツダCX5クリーンディーゼル!
11025635_662829327177330_6667502968198467067_n.jpg

値段3,061,800円〜
排気量 2200cc
燃料 ディーゼル
ハンドル 右
ミッション AT
駆動 2WD
乗車人数 5人
ドア数5

ディーゼルエンジンはパワフル!!しかも、これから水素エンジンや、phevなど新しいエネルギーが増えるほど、クリーンディーゼルが安くなるのでは?と思い魅力的ですね!!
試乗もさせていただき、パワフルな部分はかなり気に入りましたっ!!
星、3つです☆☆☆

三菱アウトランダーphev
02_l.jpg

値段3,418,200円〜
スペック
排気量 2000cc
燃料 ガソリン
ハンドル 右
ミッション AT
駆動 2WD-4WD
乗車人数 5人
ドア数 5

最初は電気自動車には全く興味がなく、軽い気持ちで試乗して来たのですが...
ありえない!...言い表すなら、タッチパネルを初めて触った時のよぅ...『タッチパネルなんて、押し間違えそうだし、絶対ボタン式の方が...』と言っていた自分を思い出しました。
ハンドリングも、走行も、重心も、まさに新感覚!!
こりゃヤバイ!と一気に上位に浮上しました!!
星、5つですね☆☆☆☆☆

そしてついに出会います...

 

 

 


 

 

ばすん!!

 

 

1534277_662829413843988_5868103992160160510_n.jpg

サラブレッド!!!


値段1000万〜数十億
スペック
体高(肩までの高さ)は160-170cmほど

体重は450~500kgが標準的

頭は小さく

四肢は長く

胸や臀部の筋肉は発達している

速く走ることに向いている

だが、ケガをしやすく、物音や閃光に弱い

肉体的・精神的にデリケートである

定員3名

とにかく4WD!!
走れば走るほど脈打つ鼓動が早くなり、張った筋肉はまさに流線形のお手本。
エネルギーがニンジンと言う事で、すこし燃費が良くない。
排出ガスが気になるところだが、あまり気にならない程度、すこし時間をかけると肥料にもなり、野菜が美味しく育つ所も魅力の一つだ。

...星、2つ半っ!!!

 

 


悩みましたよ

 

 

 

悩みに悩んで、その中から選ばれたのが...

 

 

とくにサラブレッドとは悩みました...。

 

 

 

悩んで悩んで、ほんとに悩んで選んだのが...

 

 

こちらっ!!!!

 

 

 

 

 

 バスンっ!!!!!

 

 

 

 

 



11029536_662829310510665_3077436085977349078_n.jpg

デリカD:5クリーンディーゼル!!!!
値段3,517,560円〜
スペック
排気量 2200cc
燃料 ディーゼル
ハンドル 右
ミッション AT
駆動 4WD
乗車人数 7人
ドア数 5

...まさに、ジャストゴーっ!!!...ジャストエンダゴー!!!

いや~。

文句無しで、ジャストゴーでこちらに決定させていただきました!!!!
ファミリーカーで、ジャストゴーな4WDで、燃費がジャストゴーな車はこれしかございませんでした!!!
飽きてきたらイジれちゃいますしねっ♪...まさにジャストゴー。
走ってみて思ったのですが、高知県はなんだかんだ山間部が多く、移動距離が長い。
なのでディーゼルエンジンにはジャストゴーなのです。
いろんなレビューを見てみると、平均燃費が大体ℓ/10〜13㎞でジャストゴーとありますが...高知県の田舎道をのったらのったら走っていると、ℓ/14㎞行きました...。

まさにジャストゴー。

11077_662829353843994_8687509943339576719_n.jpg


2t近くある車重で...素晴らしい。


今後犬も含み、家族でいろいろなアウトドアで遊び、沢山の思い出を作る事が楽しみです♪
次はテントかなぁ(≧∇≦)☆☆☆

10387317_835984436474649_8009054480158999783_n.jpg

 

2015年2月 8日

220冬期伊予富士登山






御無沙汰しております!!

週末登山愛好家でおなじみFULLFULLです。


2015/01/25に220の皆で伊予富士に登りました。

正確には220のメンバーだけでは無いのですが、
そんな細かい、
乳首の周りに生えた毛のさらに枝毛ような事はどうでもいいんです。

LR-07577.jpg

良い旅でした












2014年12月 6日

脱! クリップ核心!!

 

最近の悩み...

 

 

『こんなにクライミングが楽しくていいものなんですかっ!?』

 

どーも!Tomokingです♪

 

先日ルートクライミング(ロープを使うクライミング)で自己最高グレードを更新できました☆

 

5.12a!!!!!!!!!!!

1505571_607792962680967_7890624305117924708_n.jpg

 

ト、イワレテモ...。

 

ピンときませんよね(^_^;)

 

初めて12を登れたので偉そうなことも言えませんが、空手で例えるなら、黒帯試験にギリギリ合格できました★みたいな感じだと思います♪

とても嬉しかったです♪

ナ・ノ・デ・ス・ガ!!!!

 

...僕にはルートにおいて、とても苦手な行為があるんです。

 

それは...クリップ...。(ロープを支点にかける行為)

 

本当に苦手で、クリップでロスして、前腕のパンプ、精神的にも追い詰められて、パニックになって...ァキャーーーーーfuーーーーーーーーーーーーーーーーーーーckっ!!!

て落ちるんです。

 

あー!クリップのやり方わからねー!!!!!

...なのに、3年もクライミングしてて、誰かに、『クリップってどうやってやるんすか?』なんて聞けねーー!!w

族に言う、『今更聞けないシリーズ』

空手家3年で黒帯試験合格して、『えー。前蹴りってどーやってやるんでしたっけ?』

みたいな!!!w

 

僕は考えました!とのかく、考えたのです!!!

 

そしてついに!!!その練習方法を独自にあみだしたのでここで公表したいと思います。

 

 

これだ!!!!

 

1506870_610708932389370_3189910223923709037_n.jpg

 

 

 

...車のバックミラーにヌンチャクをかけて、信号待ちのたびに...いや。

ミッションを1速入れるたびに...いや。

かわいい女の子が僕に笑いかけるたびにクリップしまくるのですっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

1000回くらいやったらめっちゃはやくなりました★

 

 

 

 ☆★☆★Good climbing life☆★☆★

 

2014年11月17日

220 in ネットラジオ


去る2014年11月某日、
FULLFULL、和田、TOMOKI、TOMOHARUの4人が
インターネットラジオに出演してきました。


出演した番組は「HI-WISE(ハイワイズ)」といいまして、
ざっくりいうと、毎回違うテーマを元にゲストを迎え、
高知の音楽文化と食と趣味について軽快にトークしていくというご当地番組。


そしてその「アウトドア」をテーマにした放送で、
「登山」FULLFULL、「キャンプ」和田、「クライミング」TOMOKI、がトーク、
そしてTOMOHAUがDJしてきたというわけです。



オファーしていただいたM本さん、
ありがとうございました!


もしまた機会があれば、
ぜひ、本当にニッチなオタクトークをできるチャンスをいただきたい。
糸(繊維)の単位デニールの説明あたりから喋りますんで(笑)

2014年11月 1日

たーつしたんの結婚式!!

 

イヤイヤイヤイヤ〜。



秋も深まり!?的なっ!?tekinaueta!?

とにかく僕はハッピーな日々が続いておりますっ!!!!

カメラが無くなってました!!!

そして!見つけましたょ!!!

全国のみなさん!!!

 


見返してみてもぐっときます!

ここ最近で1番感動した、僕の音楽の恩師!そして、自然のフィールドではバディを組ませてもらったり、人生では大先輩以上、家族、兄のような存在の@fullfullさんの結婚式ですよっ!!

...まぁインスタやないので、@fullfullとか別にイイんですけどっ!!!!!!

とにかく、ここまで喜びが胸に込み上げるものかと!!
抑える事がこんなにも大変なのかと!!

真面目な話、僕自身。家族にちゃんと向き合えてるかな?とか、優しくできてるかな?って見つめ直せた結婚式でした。

 

 

IMG_3659.JPG

IMG_3706.JPG

IMG_3692.JPG

IMG_3672.JPG

IMG_3670.JPG

IMG_3689.JPG

そんな中、『岳mountain2999』と言う歌をお二人に送らせていただきました。

歌詞です。

『道を見失いそうなmountain

向かい風がやけに冷たく凍えそうなmountain

真っ暗闇で何も見えないmountain

でも、もぅ ここから先の道のりは1人じゃ無いから

辛い登り坂は僕が前を歩き、少しずつラッセル

眼に映る冷たい景色、胸に溢れる暖かな思い

自分の足で歩かないと見えない景色がそこにはあった...'2999'

ずっと終わる事のない辛い道なんてない

きっと乗り越えれる

ずっと尽きる事の無い幸せもきっとない

今を大切に歩いて。』

 

 

 

 

 

 

 

 

...と、言う素晴らしい歌を送らせていただきました!!

俺、最高っ!!!!!

アツシさん、最高っ!!!!!

 

IMG_3664.JPG

ゆうこさん、美人やし、最高!!!!
IMG_3669.JPG

 

 

心より、本当におめでとうございます(o^^o)☆

 

 

IMG_3685.JPG

 

 

Good climbinng life!!!!!!!!!!!!

2014年10月27日

tent mark "焚き火タープ"。


この冬に向けて手に入れたニューアイテム、tent mark "TAKIBI-Tarp TC wing"


一度、台風前日に試し張りをしましたが、
あまりの強風にすぐにたたんでしまったので、先日のキャンプでリベンジしてきました。


仕事中に友人からの突然のお誘いだったもんで、
いつものホキガミネに行こうかとしたんですが、
年に一度、この2日間はテント(キャンプ)禁止という当たり日で、
家から車で2分の河川敷へGO OUT。



写真、すくないですよー。
いずれきちんとレビュー出来ればと思ってます。



このタキビタープは560cm×580cmという大きめのタープで、
ファミリーキャンプなど人数が多いときに使うつもりで購入。


ポールは別売りなので、パイピングとロープに合わせて、
赤いMSRのアジャスタブルポール8フィートにしようかと思いましたが、
Zingの付属ポールのことを考えると強度に不安を感じたので、
スノーピークが史上最強とうたうウィングポール240にしました。

かなりタフなので少々の強風ではびくともしません。(むしろペグや自在の方が心配)
ペグはソリステ30と20を使用しましたが、全部30以上あった方がイイですね。



IMG_0091-2.jpg


このタープの特徴は、生地がコットン混紡生地なので、
その名の通りタープの下で焚き火ができるということ。
これからの季節にはもってこいのアイテムなのです。

とかいいながら、
真ん中にテーブルを置いたので、今回は隅っこの方で焚き火しました(笑)


IMG_0102-2.jpg


このタープを選んだ一番の理由は、焚き火ではなくその遮光性。
200ルーメンのLEDランタンを二つ吊しても、タープの上に光が漏れることはありません。


Zingは軽くてかっこよすぎるのはいいんですが、
その薄さが故に遮光性が悪く、夏場は上からの熱で暑く感じることがあります。
それぞれにイイところがあるので、気分に応じて使い分けていきたいと思います。


それにしても、タープに反射した灯りで
サイトが暗闇に照らし出される様子がかっこよかった。
これは完全に想定外でした。


IMG_0094-2.jpg


2回目という事もあって、まだまだ生地やロープが伸びるので、
時間をみてテンションをチェックしながらの使用でした。


と言うわけで、
今回はこんな中途半端にレビュー終了です!


毎度のジャパンをペリエのように喰らいながら、
グッドミュージックを堪能しつつまったりと過ごしました。
この日は空も澄み渡って星がキレイに見えて流れ星もちらほら。
アウトドアってほんま最高ですね!


IMG_0105-2.jpg


2014年9月24日

須崎のエリア  アプローチ整備

秋が足早に深まり、もうすっかり、クライミングシーズン突入ですね♪

 

紅葉が始まると、誰かが言い出すんですよ!!『紅葉見に行こうよぅ~♪』ねんてっ!!!!!

 

そんなギャグもさ、あけみちゃんに少しーでも、喜んでもらあうために言ってるんだよぅ~♪

 

いいじゃないの~♪

 

トモキングです!!!!!

 

須崎のボルダリングエリアが気持ち良すぎて、週末晴れてるとどーしても行きたくなる。

 

県内外からクライマーがおとずれ、楽しんでいるエリア。

 

そのエリアは沢を挟んで、エリアが分かれてるんですが、その沢に、先輩の彼女が落ちて、僕の奥さん落ちて、子供が落ちて、先日は岩研の所長まで落ちました。

 

 

そこで、橋をかけることに。

247675_573291212797809_3799456284791858514_n.jpg

 

さらに、増水して、流されたランディングも整備。

 

これくらいの土木、楽勝♪と思ってましたが、意外と大変でしたが...。

 

指を挟んで、ベッコリはげるし...トホホ。

10696264_573291296131134_4036530365757331765_n.jpg

 

なんとか、終わり、まだ時間があったので、近くにある未開拓の岩を見に行くことに。

...と言うか、みんな知ってるけど、汚過ぎて、だれも触らなかった岩!!

 

ガバガバでかんたんそうだな~。と思って、ホールドを触ってると...?

 

バコっ!!!

 

ガバが外れて、サイド棚になり...

 

ここ持てるとな!思ってたところは、ホールドなく...

 

...なぬ??

 

少し掃除をしてラインをつなげてみると...

 

なんじゃこりゃーーーーーーっ!!!!!!!

 

め、めちゃいいじゃないの!!...

 

あけみちゃん!!!  イイじゃないのぅ~♪

 

ケチくさいけど...プロジェクトとさせていただきます。

 

10639568_573291249464472_2111959354275406386_n.jpg

 

 

...イイじゃないのぅ~❤❤❤❤

 

2014年9月15日

まぁ結果良ければ全てよし。


最近引きこもって仕事ばかりしてるせいか、
逃避行を夢見てアウトドアグッズばかりネットサーフィンしてます!

仕事が手につかないレベル!
これじゃあかん!

あ、申し遅れました!
どうもwadaです!

にっちもさっちもいかんなってきたので、
長男の誕生日にかこつけて、ひっさしぶりのファミキャン行ってきました。


今回はアウトドア好きのパイセン、
マッスルミノルさんのおすすめファミキャン場、
リバーパーク轟」に行ってきました。


ミニ四万十川、グラススキー、川遊び、温水シャワー、
トイレもキレイときたら、胸も高鳴ります!

でもミノルさん、結果からゆーと、
はっきりゆーて微妙でした!
いや、ほんまはめっちゃいいと思うんですけどね・・・、
『今回は』微妙でした!!!!!!!!
(さーせん!)



さっそく。



今回、愛車のラムボーイがメンテナンス中につき、軽バンで出発!
この間のキャンピングカー以来のMTで気分はドリキンです!(古)
軽バンのエギゾーストは田舎になじみすぎ。


DSC03277.JPG


まずは行きがけ、窪川と言えば!の峰の上でランチ。
テッパンのモツ鍋ラーメンと各種ランチをご堪能。
このキャンプのために毎夜こん詰めてきて疲れきった体に
エネルギー充填完了です。


DSC03269.JPG

DSC03273.JPG


峰の上から1時間ほどでリバーパーク轟に到着!


DSC03453.JPG


管理棟で受付を済ませて、
早速テント設営。キッズはラジコンで遊びまくり。

【利用料】
大人500円
子ども小学生以上200円


DSC03287.JPG


あれ?おやおや、イメージと違いますよ?
えらい草が伸びまくってて、
ラジコンがはしらんやないかーーー!

ミニ四万十川は草むらと化し、
川へ降りる道も草が伸び放題で最初は道と分からなかったレベル。
子どもたちは怖がって進めません。

グラススキーに至ってはどこにあるか分からない!!
まー子どもたちは楽しんでましたけど〜〜。。。

大分イメージと違って凹んでるところに
この後更なる悲劇が・・・。


DSC03293-2-2.jpg

DSC03304.JPG

DSC03305.JPG


汗だくでテント設営完了!
今回は東屋付近が空いてたので、タープくっつけてリビングの完成。

子どもたちが大きくなって3人用テントで4人は無理ってことで、
父ひとり、外で寝るつもりでしたが、雲行きが怪しくて、
急遽ライペンのスーパーライトツェルト引っ張り出してビバーグ(笑)
(雨降ったら結局濡れるけど)


それにしてもムササビウィングはいつ見てもうっとりします。
(初代ムササビはパイピングとガイロープが緑色なのでシャングリラとも相性ばっちり!)


DSC03314.JPG


んでもって晩飯準備。
夜は寒いだろうってことで、鍋と炊き込みご飯。


いつもは、取りあえず焼き物を持って行ってましたが、今回は焼き物無し!
なんだかちょっとベテランキャンパーになった気分でした。


DSC03315-2-2.jpg

DSC03316-2-2.jpg


暗くなってきた頃に、シャワーにいこうと準備をしていたら、
向かいのキャンパーの方が声をかけてくれました、

『シャワー、男女とも壊れてて使えませんよ』

ぬわんですとーー!!!


移動中ガマンしてたビールをまずはぷっはーとやってから、
あっせだくになりながら設営して、ビールをぷっはーとやった後はシャワー。
さっぱりしたらもういっかいぷっはー!でしょうよ!
それが男のロマン!
キャンプの醍醐味でもあるはずです!


なめとんか金返せーー!
と言うわけにもいかず、泣く泣くサイトに戻り、
燗にしたジャパンをあおって気を取り直す。


川の音、虫の声を聞きながら、時折通る電車の音と、
ポータブルスピーカーから流れる、グッドミュージックを堪能。
寝不足の父は9時過ぎにチーーン。
2時に起きてひとりしっぽりワインをいただきました。

おーの、癒される。


DSC03330-2-2.jpg


でもってグッデストモーニング!
鳥のさえずり、川のせせらぎ、
豪快な電車(鉄橋)の音。

爽やかすぎます。


DSC03361-2-2.jpg

DSC03353-2-2.jpg

DSC03371-2-2.jpg

DSC03384-2-2.jpg


朝食は手ごねハンバーグを焼いてハンバーガーに。
子どもたちも大喜びで、これは定番メニューに仲間入りです。


DSC03399-2-2.jpg

DSC03410-2-2.jpg


一刻も早く温泉に入りたいので、珈琲と紅茶をたしなんで撤収。
一路松葉川温泉に向かうことに。


DSC03426-2-2.jpg

DSC03462-2-2.jpg


・・・と言いつつ、
ホビー館が近いって事で急遽行き先変更!


DSC03485-2-2.jpg

DSC03548-2-2.jpg


再びたっぷり汗をかいた後は温泉へ!


DSC03576-2-2.jpg

DSC03603-2-2.jpg


温泉サイコー。
露天風呂でのーんびりさっぱりした後は、定番の手打ち蕎麦。
その後、隣のアスレチックで三度汗を流してグッバイ松葉川温泉!
グッバイ四万十町!


DSC03584-2-2.jpg

DSC03638-2-2.jpg


ファミキャンはつかれるけど、
やっぱりリフレッシュにはもってこいです!

アウトドア最高!キャンプ最高!家族最高でしょうよ!


2014年9月11日

たまにはギアの話。

DSC03258.JPG

先日頼んだ超軽量ウィンドシェル、
マウンテンハードウェア
ゴーストウィスパラーフーデッドジャケット(の格安品)が届いた。
想像通りの青さに小さくガッツポーズ。


さずがに超軽量というだけあって軽くて薄い。
これで防風・撥水(防水ではない)効果があるとはとうてい想像できない。


重量はなんと59g(M)。


この数字、ギアにこだわりを持つランナーや登山愛好家の方が聞けば、
そのすごさは分かってもらえるだろう。
1円玉59枚分で、日清カップヌードルライトそうめんと同じなのだ!!!!


うす軽すぎて、むしろジップのかさばり・重量感が強調され邪魔にすら感じる。
洗濯表示や注意事項の大きいタグが、あほかというくらいたくさんついているので、
これを入れると実計測ではもう少し重たいと思われる。
田舎弁でいうと「のけたがまし(のけたほうがいい)」である。


こうしたウルトラライト指向のギアは、
シンプルなデザインで生地が薄く、生地や縫製強度の心配が出てくる。
いくらリップストップ(裂け防止)とは言え、少しでも破れてしまえば同じ事だ。
そのくせ軽いほど高価になる傾向があって、このジャケットも例に漏れない。
1gあたり約322円。(メーカー価格であって購入価格ではない)
そこらへんの最高級A5牛肉なんぞ屁のかっぱである。
なんだか気を使ってしまいそうなところだが、さっそくランニングで使用してみた。



使用感
・軽くてまったく邪魔にならない。着ている感覚すらなくなる。(それがウリだからね)
・プリント部分はリフレクターなので夜ランにも使える。両袖・左胸・腰(ワンポイント)
・防風性よろしく、この時期の高知では必要ないことがわかった。(当たり前)
・ジップが通常と逆手なので、走りながら脱ぐ時は気をつけないと間違って破ってしまいそう。
・内側にあるポケットに収納出来るのでかさばらない。
・収納するとむっちゃしわくちゃになる。(試しに入れたらしわだらけ・(T-T))
・フードはタイトで、ジップを締め切った状態だとかぶれなかった。(頭がでかいだけ?)
・アメリカブランドの割にだぼ付きがない(やや細身というウリ)
・大抵袖丈があわないけど、177cmでMサイズがちょうどいい。(体重非公開)



今度は山で使ってみようと思うが、
マウンテンでハードなウェアというメーカー名に反して、
特に荷重がかかる肩口・腰など、長時間の摩擦に耐えられるか心配なところ。
面倒なのでレビューはしないだろう。あしからず。




【余談】

このギアを買った理由の一つが『名前がカッコイイ』からなのだが、
ニュアンスとして「ゴースト(幽霊)のように軽い」という事かと思っていた。

ウィスパラーってなんぞ?ってさっき調べてみたら「囁く人」ということらしい。
「幽霊のささやき」とでも言うのだろうか。
確かに軽そうだが、ある意味でかなり重い。
しかし「天国のささやき」とも言うらしい。いきなりロマンチックである。
(そういうタイトルの海外ドラマがあったようだ)


いずれにしてもこれを着てると、幽霊か天国からの誘いをうけそうで、
験(げん)を担ぐ人が避けそうなネーミングであることには違いない。



2014年8月30日

世界遺産  富士登山

 

day2

朝、寒さMaxで目が覚めて、テントから出るとこの景色。

IMG_3377.JPG

真夏のキャンプだからと、四国の気温のノリで装備してきたことを後悔。

寒すぎてあまり寝れなかった...嫁とトモキング...

最近は自然をナメているせいか、こう言う凡ミスが多いです。w

気を取り直して、朝ごはん。

IMG_3391.JPG

 

トウモロコシを湯がき、あいたスペースでハムを焼く。

 

 

...以上っ!!!

 

 

IMG_3392.JPG

 

それをベーグルではさむだけと言う、とてつもなくシンプルな朝ごはんでしたが、嫁さんはおいしいと食べてくれてました♪

 

ここで目覚めました。

 

キャンプって楽しいっ!!!!!!!

 

 

 

...イヤイヤ。w今さら?w

 

 

って思う方も居るかとは思いますが、僕はファミリーキャンプ通称ファミキャンにはまったく興味が無かったのですが、ファミキャンに目覚めてしまいました。

 

こーなった僕はきっと...とまらへん。w

 

IMG_3324.JPG

 

そんな

こんなで、テントを撤収し、富士山を目指すことに!!

 

本当なら静岡県側の御殿場の方に行きたいと思っていたのですが、激雨のため、またもや山梨側のスバルラインから目指すことに。

 

バスでwww

 

 

道中景色。

 

IMG_3399.JPG

 

IMG_3402.JPG

 

バスで揺られ...40分かかる道中を爆睡し...五合目に

 

 

到着

 

IMG_3409.JPG

 

そーなんです。

 

僕は寝た状態で、自分の標高、最高到達点を更新したのです!!www

 

寝たままっ!!!!!!!

 

 

こーなると、登山家でもなんでもない!w

 

ただの...

 

ただの...お父さん!!

 

見てください!!

 

 

IMG_3410.JPG

 

渋谷か!

言うくらい人がいます。

 

ま、分かってましたが、ここまで人が居ると、標高の事も頭から消え、これだけ人がいるのだから、なにかあっても大丈夫♪なんて気持ちになります。

 

IMG_3412.JPG

 

標高は2300メートル。

 

この日は風が強かったので、体感温度も低く、どんどん体力が奪われる感じはありました。

 

めいちゃんも一緒だったので、長居はせず、30分くらいで下山っ!!!w

 

人生初の富士山は町だった...。w

 

いろんな思いが沢山湧き上がるものの、そんな事より、自分が正しいと感じるままに生きるだけなんです♪

 

御殿場からの富士も見てみたいと改めて思いました。

 

また来ます♪

 

 

Tomoking

2014年8月28日

世界遺産 富士山キャンプ

 

先日、買い物をして、レジに向かうと、ダるそ~にレジをされてる店員さんが居て、『561円になります。』って言ったので、620円出してみました!!

 

 

 

 

どーも!!!トモキングです!!!

 

 

 

お盆休みをいただき、友人の住む静岡を目指すことにしました。

 

 

ただ静岡を目指すだけでは楽しく無いので、山梨県側で一泊、静岡で2泊の予定で出発!

 

 

とにかく天気が悪かった高知うぃ抜け出したものの、微妙に雲は多いまま。

 

山梨でペンションに泊まり。

 

IMG_3256.JPG

地ビールで乾杯♪

IMG_3232.JPG

お子様ランチの唐揚げで発狂するめいちゃん。

 

次の日は天気が回復傾向にあり、ペンション近くの大石公園で散歩♪  

 

IMG_3288.JPG

IMG_3280.JPG

 

その後、静岡の朝霧高原でキャンプの予定でしたが...山梨はこの天気なのに、静岡側鬼雨!!

 

朝霧高原キャンプ場をキャンセルして、山梨側、河口湖山宮キャンプ場でキャンプをする事に♪

 

IMG_3320.JPG

220タープのジングを勝手に持ち出し、さーせんっ!!!w

 

おかげで快適でした!!w

 

IMG_3328.JPG

 

からの地ビール♪

 

IMG_3349.JPG

からのコーヒー♪

 

IMG_3333.JPG

 

からの滝♪

 

近くにこんな沢山、癒しの空間があるなんて...。

 

さすがは世界遺産周辺。

 

明日は、世界遺産半分登ってみましょうか♪

 

おやすみなさいzzz

 

IMG_3359.JPG

2014年7月14日

道のりは流し!!

 

トモキングです!!

 

日曜日、家族総出(ドッグ込)、U2K氏、TOMAたんと本山のクライミングセンターに行ってきました。

 

車が乗り合わせで1台だったこともあり、とにかく道中も楽しすぎ!!

あっと言う間に過ぎていく最高の時間でした。

お昼を食べた、『cafe  Mississippi』  ブレンドコーフィーがとても美味しかったです。

IMG_3146.JPG

IMG_3150.JPG

IMG_3157.JPG

 

 

 

最後にストラブオーナーにご迷惑をおかけしたのが心残りですが...すいませんm(_ _)m

 

とても為になる時間を過ごせました。

 

次は11を2本と、12を触りたいな~。

 

日々、精進あるのみですね♪

 

IMG_3164.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2014年6月25日

パンツ一丁!除草作業!

 

6月も後半にさしかかり、かなり、さしかかり的な雰囲気の中、ドラゴンボールエリアの除草作業に行ってきました。

 

レジェンドクライマー達も日頃、表には出さないものの、草刈などをしていると聞き、僕も見習うことにしたのです。

 

 

まあ、放置しておくと、彼らは自然にけぇられてしまいやすからね✩

 

 

IMG_2964.JPG

 

アプローチ入口をかめはめ波で。

 

 

IMG_2959.JPG

 

アースロック周辺は気円斬で。

 

IMG_2962.JPG

 

そして、前々から、邪魔くさいと思っていた、サイヤマンボルダーへ渡るところにあった、ツルの残骸。

こいつは、パンツ一丁で。

 

 

 

その後...することなくなったので、パンツ一丁で岩を触る事に。

 

 

ターゲットは...いつもなぜか、中途半端にしか触れないマキシマム。

 

そーだ。抜けができてないから、最後だけやってみよう。

と、なんどかトライするも、なんかしっくりこない...。

 

なんて言うか、バランスがうまく保てない感じなんです。

まあ、核心部分なので悪いのは、当たり前なのですが。

 

ん~足位置なのか?...違う。

右手をもうすこしこう?...違う。

 

ん?こう?あ...なるほど!!!!!

 

解決したものの、一人で登る勇気が出ないので、マキシマムは繋がず、トラバースの課題の乾いてる所から、マキシマムの抜けまでを解く事に。

 

これは難しい...。

ん~イメージができないので、できるまでしっかりと考えてみて、トライ。

 

お。できるやないかっ!!!!✩


しかし抜けがマキシマム...チーン。

 

とりあえず、マキシマムを登る事ですね!!!!!!

 

 

 

 

 

その後、奥にある、ランディングが川の岩を調査しに。

 

『イイ課題には、イイスタートがある!!』

 

と言う言葉通り、ムーブ起こせます。

 

よし。こいつの下にテラスを作ってやる!!

 

 

IMG_2958.JPG

『ポルンガボルダー』

 

✩Good climbing life✩

2014年6月23日

アウトドア&インドア&ハッピーウィークエンド


この週末は、
ハートフルでゲスでハッピーな週末でした。


【金曜日】
毎月恒例の友人家族とのキャンプ。
某キャンプ場に行くつもりが、
「ご利用は7月からになります」とのことで、
キャンパーの事を考えてない怠慢キャンプ場に毒吐いて、
結局、毎度毎度のホキガミネへ。


DSC01197.jpg


キャンプと言えば焚き火でしょう。

いつもの焚き火台『ユニフレーム ファイヤグリル』
お買い得でサイズの割に軽くて収納もまぁまぁ。
安価なのでなんの気遣いもなく使えます。

でも、極薄ステンレスなのでエッジで手を切ることもあるし、
熱が入ると変形してしまいます。

スノピのように、高くてもいつまでも使えるものもいいですね。
重たいので僕はあまり好きではありませんが。


DSC01169.JPG


今回の新兵器その1は『UCO ステイクライト』。
送料無料にするために買い足した"ついでの品"ですが、
これが案外良かった!
テント入口のペグをこれに変えとくと、なんとなくオサレだし目立ちます。
でも白色ってのがいけてないですね〜。


DSC01161.JPG

DSC01207.jpg


新兵器その2、「プリムス ニョルド ツーバナー」。
見た目もさることながら、この名前が決め手でした。

いままでコールマンの「フォールディングLPツーバーナー」を使ってましたが、
風防付きのツーバナーは大きい鍋が使いにくいのが玉に瑕。

しかしこいつは、プリムス伝家の宝刀「X字ゴトク」のお陰で風防いらず。
ゴトクも大きく、足もしっかりしているので、大きな鍋がストレス無く置けます。
実際は、風にはそんなに強くないとのレビュー多数(笑)でしたが
この日は風もなく、火力&火力調整もばっちりでした。


ダッチオーブンは、『ダッチオーブンと言えば!』のロッジ製。
IH対応なので家でも使えて便利ですが家で使うには重すぎですっ!


そんなこんなで、
蛍が飛び交う山中にてみんなで美味しい夜を過ごしました。




あー、もうキャンプサイコーー!!




DSC01226.jpg

DSC01220.jpg


翌朝は森に入って沢ガニ探検。
しかしまったく見つからず・・・いずこへ〜(T-T)

戻って、サッカーとラジコンで遊んで撤収!!
家に帰って仕事に踊らされながら夕方からは待ちに待ったイベントが!




【土曜日】
夜は『日ノ御子のドSクライマー』を、
事務所にある「赤壁」に招いてのゲスの集いでした。

早速コンペ開始!

DSC01228.JPG


・・・の前に、焼き鳥屋「平吉」がオープン。


DSC01236.jpg


焼き鳥+ししゃも×ビールでほろ酔いになったところで、

いつでも旨い、お取り寄せ「峰の上 モツ鍋」を作り、
その横ではケトルで「美丈夫 燗映えの酒」を火にかける。
ここでもニョルドくんが大活躍。

ダッチオーブンはSOTOのステンレス製で、
ケトルはトランギアの0.9L。

ステンレス製はお手入れいらずで、
ダッチオーブン特有の「鉄の味」が料理にうつらず、
昨日のロッジと比べると、煮込み系ではこちらに軍配が上がりそうです。
ただ、フタが軽いので密封性に劣るというレビューもあります。


モツ鍋の旨さはもう語る必要はありませんが、
熱燗との相性がまた最高すぎる!
そこへドSクライマーの泡盛「山原くいな」が登場で、
一口飲んで「かっはーー!」、
二口飲んで「くっはーーーー!」という具合。


さて、ディープな夜がスタートですわよっ!


DSC01241.JPG

DSC01239.JPG
(袋の中身は生タラバ!)


飲めや笑えやであっという間の2時間。
そこへこの大雨の中、チャリでユースケ登場。
コンペ優勝者の景品と称して生タラバを担いできたもんだから、
みんなの目の色がぎらついた!


てなわけでやっとコンペスタートしたわけですが、
みんなお互いを潰してしまえと飲まし合ったもんだから、
そらもうグダグダ・・・。

出来もしない課題を作り合って、まさかの完登者ゼロ!?
・・・と思ったところで、ティモキが1本完登。


酒も抜けてきた頃に町田が登場し、
さらに盛り上がりをみせるも、
3級クラスでヒーヒーゆうてるゲスっぷり。
その後も白熱のドロ試合が続き、
結局この7,000円相当のタラバガニはティモテがゲットしました。


DSC01252.JPG


コンペの後は、モツ鍋にラーメンをぶち込んで、
炭水化物まつりをしたあと、
外に出せないゲストークが2時まで続いたのでした。


あー、もうドロ試合さいこーーー!
クセになりそうです。




【日曜日】

知人の結婚披露宴で濱長初体験!


しかしのっけから相棒と二人で間違って臨水に行ってしまうという大失態!
なんとか滑り込みセーフで間に合いました(^_^;

『新郎、新婦とも有名人なのでSNSなどへのアップはご遠慮ください』
とのお達しで、まったく写真を撮らず終い。
って、撮影自体はOKだったんですけど、
携帯の電池無かったもんで写真はありません。
どーもすみません。



しかし、めでたい席もさいこーーー!!



そんなこんなで、この週末三日間は家で寝ることがなく、
今夜は3日ぶりに家に居るのに仕事が溜まって寝られるわけありません。


さー仕事仕事。


2014年6月17日

ドラゴンボールエリア in Shibamoto


いったいShibamot氏とは誰なのだ!?



と思われた方もいるかと思います。



説明しよぅ。

三重県で長年クライミングをされてて、須崎市にある、oskセメントと言う所に出張でこられる事がある...

まぁ...

一般の方なのであるっ!!!



が、三重を代表するクライマーと言っても過言では無いほどにスキル、経験を持たれたクライマー。

今回、高知の代表クライマー小松くんに、僕が須崎市で開拓していると伝えていただき、本当に足を運んでいただきました。


クライミングをやって何になるの?と言われた事もありますが。

難しい課題を登れた時には新しい自分に出会える気がしますし、努力や継続の難しさを学んだり、こうやって、県外の人と繋がれる。

こんな事は『一生懸命』だから生まれてくるのだと思いました。

また新しい自分に出会いました♪
 
映像作るの面白いですわぁ〜。w

 
↓↓↓↓↓↓↓
 


 
 
 
 
 
 
Good  climbing life

2014年6月12日

乳首を出してた、あいつです。

 

 

ホントに容赦のない梅雨入りで、一気にシーズン終了~的な雰囲気の日本全体!!&アウトドア全般!!

 

そして梅雨が明けると夏が来ます。

 

夏こそアウトドアシーズンでしょ?って?

 

ノンノンノン!!

 

 

自然は、いつだってシーズン開催中なのだっ!!!!!!

 

 

 

試しに作ってみました。

 

↓↓↓↓↓↓

 

そーです。乳首をだしてたあいつです。

 

Goood  Climbing  Life

2014年6月 4日

花鳥風月

書きたい事が多い時は...

ブログに限ります。


先週末からの流れが最高過ぎて、幸せ過ぎる気分も味わい、人生で1番、最低の気分も味わい。

なんとも、人生はうまくできている...と言う事で...



ギリギリまで仕事をして、週末モードに切り替え、待ちに待った、クライミングで繋がらせていただいた方々との飲み会に☆

1005536_514392585354339_1878299823384771218_n.jpg
※前田さんの写真拝借m(__)m  前田さん、段取りありがとうございました☆

みんないい顔してます♪

ん...よく見ると、もうすでに、谷重さんになっちゃって...w

ホントにいろんな話し...と言うか、岩とクライミングの話しをひたすらして、幸せ過ぎな時間を満喫。
良く考えると、自分の趣味のマニアックなトークはそうそうできる物では無いから、おもいっきり話せる時間は貴重に感じます。



その後、GROOVE COLLECTIVEに移動後はひたすら可愛い女子と踊り...
瀬川さんのDJと、宇山さんのサックス...

10334347_514392832020981_5782085017768804824_n.jpg

神!!からの、最高の出会いもありました☆



次の日、朝1から草刈りなのを所々で思い出しながら、お酒もあまり飲めずでしたが、冷静に音に酔わせていただきましたっ☆
最高なんてもんじゃない...。

音楽と言うジャンルを長年ずぅーっと継続しているsuneoくん。

続ける事でしかきっと味わえない夜なように感じました。

クライミングだろうと、サーフィンだろうと、なんだって続ける事が最高に大切で難しいんだと再確認できた夜。

ホントにすごい。

また楽しみにしていますっ(≧∇≦)☆

 

 



次の日は、山の草刈り。

 

おじ様、じぃ様方と草を刈りながら...昨日、あんなに可愛い女子が周りに居たのに...
今は...チーン。
などと思いながら、昼過ぎには草刈りやっつけ、時間ができたので、家族みんなで、クライミングにGO!!!!

近所のドラゴンボールエリアに到着♪

 

とにかく、最近触れてない、マキシマムフラッシャーを狙いにっ☆


10322730_503299136463684_1866543668080381703_n.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

と、次の瞬間、嫁さん川に転落→足負傷→クライミング中止!と言う流れ。

とりあえず骨折などはなく一安心☆
 
マットを広げて足休めをしながら、家族でゴロゴロ...

 

10437406_514392598687671_1056392358534822094_n.jpg



めいちゃんも楽しそうだし...

涼しいし...

悪くない!!!!



そんなリラックスタイムをしていたら、上から巨大青虫が降ってきて、腕に直撃。

気絶しかけました。

なぜかわからないんですが、青虫、幼虫、イモムシ系がとにかく苦手。

あれを良くTVなんかで、食べる人がいますが、何億円積まれても無理です!!

イヤだからとか、無理だから、と言うか、そんな事になったら、僕は心臓が止まって死んでしまうんです。

今でも右腕に感覚があるので、違う腕と交換したいです!!!!w

生きて来た中で、間違いなく、1番、最低な出来事でした。w

 

 

 



そんなドタバタがおさまった辺りでU2K氏と、トマちゃんと遭遇。

今までの事情を説明し、うちの壁でクライミングをする事にっ(≧∇≦)☆

そこに岡田さんも参戦してセッション♪

この強傾斜でのセッションが、とんでもなく楽しい事が判明。

10330284_514859041974360_3272500936708532996_n.jpg

お互いに課題を作って、それを登る。

ただそれだけなのですが、時間を忘れてしまいました!!

U2K氏の作った課題が...

かなり無理難題!!

見た感じ、ムリ...。と思ってたのが、何度か探って、本気トライで登れたんが嬉しすぎて、マキシマムを触れなかったストレスも解消☆



梅雨明けにBBQしながらみんなとセッションをやりたいなぁ~☆

よーしっ!!!!!!!!閃いたっ!!!!!

10418363_514392525354345_4301381345380094500_n.jpg

子供達のためにプールも買おう☆

計画立てます♪

 

 



その庭に最近、ひまわりが咲きました♪

1504007_514392675354330_4752437865508665995_n.jpg


どーでもイイ事なのですが、このひまわりの種は、僕が蒔いたのでは無く、野鳥にエサとしてあげてた、ひまわりの種を鳥達が食べこぼした物。

なんか、鳥からのお返しのような気がして、幸せな気分なんです。

 


 

さらにさらに、お世話になってる先輩から、アンティークなソファーもいただきました☆


10306168_514392542021010_364629109078692161_n.jpg

 

こんなの絶対に売って無いのです。
ありがとうございますっ(o^^o)☆
大事にしますっ☆

田舎暮らしは確かに不便で、街やコンビニまでは遠いかもしれない。

その逆に、自然の流れ四季、花鳥風月、太陽に近く、とても最高な気がします。

 

10364076_514392862020978_6073295896141373038_n.jpg

10443494_514857178641213_6702424956157988955_n.jpg

 

2014年6月 3日

別山-立山縦走(テント泊)

FULLFULLです。

GW前半にお休みをもらって立山にテント泊遠征させていただきました。

天候に恵まれて絶景を楽しむ事ができた、のですが...

体力不足の為に大変な事に...

SDIM0163.jpg






2014年5月20日

ぴったり!!

10363702_507376219389309_3091985154135677149_n.jpg

 

 今回、注目する点は、ヒールフックじゃないぜっ!



 

チクビだぜっ!!!

 

...



ウザイと思います!

 

見てる方のテンションによっては、この出だしはウザイと分かっていて、書いています。

tomokingだぜっ!!!!

岩に行きたいぜっ!!

とにかく、こいつ!!

10366002_507376276055970_3558406073360657036_n.jpg

高いぜ!

あと、こいつも!

10366162_507376252722639_989702820265376852_n.jpg

...ヒールフックだぜ!!


難しいぜっ!!

来月15日晴れるといいな☆

 

 

 



そんな思いを抱きながら、先日、僕に、いつも刺激を与えてくださる大先輩の遠藤青汁の代表、野村カツミ氏、ヒサヨちゃま夫妻の披露宴に行ってきました。



薄々は分かっていたけど、ウェルカムドリンクからテキーラやし、ってか、ずっとテキーラやし、二次回でわ泡盛やったし...

三次会までたどり着けませんでした!!!

IMG_2766.JPG

IMG_2799.JPG

IMG_2806.JPG

IMG_2824.JPG

IMG_2829.JPG

IMG_2836.JPG

 

心よりおめでとうございます☆

 

いや。

 

しかしながら月と太陽(カッツの子供たち)は、生物や植物にとっては掛け替えの無い物ですね。

とくに、高分子のたんぱく質や糖分を作り出せるのは太陽の光と、闇があるからこそ...

って事は3人目ができたら、植物ちゃん!とか、みどりちゃん!とか...まぁこれで間違い無いですね。

ここいらでいつもならうまい事を言って、我らがスネオ氏のネクストパーティー、『グルーブコレクティブ』を紹介なんか上手く繋げる所なんですが、今回は特殊なテクニックを使おうと思いますっ!!

これだっ!!!!!!!!!

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

http://havanero.seesaa.net/article/396298146.html



イヤイヤ...。

ペタっと貼ってしまいましたが。

僕はガチのUyama hirotoさんの大ファン。

この音楽に出会わせてくれたがスネオくん。

http://youtu.be/lRvDiy7ngr4

こんなオシャレな音楽。

クライミングにもピッタリな気がします。

今から楽しみです♪