"220 Outdoor and Ecology" Diary

2015年5月 9日

新たな挑戦

IMG_4447.JPG

 

 

カナディアンカヌー始めました。

 

なぜかと言いますと、誰も知らない岩を登りたいからです!!

 

なので、カナディアンカヌーなんて別に...どーでも...と心では思っていたのですがっ!!!!!!

 

ところがどっこい!!!

 

やってみないと分からない!!!

 

一言いいですか。

 

...

 

クライミングなんかより全然難しいじゃねーか!!バカヤローっ!!!!!!!!

 

...どーも。

日本を代表する、カヌイストならぬ、オナニスト。

カナディアン上田ですぅ~。すぅ~。

 

 

 

カナディアンに限っての話なんですが。

 

難しいと言うか...根本的に35キロ以上あるカヌーを一人で担ぎ上げれないといけません。

 

僕ははっきりいって、並の方よりは力はある方だと思います。

 

慣れもあるかもしれません...

 

あまり大きい声では言えませんが...

 

 

ぜってぇ、ヘナチョコには持てねえからなっ!!!!!!!!www

 

IMG_4403.JPG

 

準備を済ませ、まずは流れの少ない大渡ダムへ。

 

ここは初めてだったので降り口が分からず、無理やりな感じで川へ出ました。

準備に必死すぎて、カメラを忘れ、ノンフォトであります。チーン

バス釣りをされてるボートが多く、ノンフォトと言う事もあり、岩も軽く探りながら、漕ぎ方の練習。

Jストローク(片側だけを漕いでもまっすぐ進む漕ぎ方)とやらを集中的に練習してみると...

 

ものの10分でマスター。

 

センスの塊っ!!!!!!!!!!!!

 

2時間くらい漕いで次のポイントへ移動。

 

 

 

この車への、上げ下ろしが、地味に...いやマジでキツイです!w

 

軽なのに...w

 

IMG_4405.JPG

 

少し下流で気になるポイントがあったのでそちらに向かい、河原で船を下ろすことに。

 

IMG_4421.JPG

 

風を背中に受けて、風下に向かいます。(この時風の威力に気づいていない。)

 

川の流れとは逆方向なのにスイスイ進むなー♪  ほんと、俺の漕ぎ方、天才なんやろーなー♪

と思いながら、瀬が見えて来たので流れの手前で方向転換して、下流え向かうことに。

 

イメージでは、川の流れに身を任せ~♪状態ですよ!!!

 

あなた~の色に染められ~♪状態ですよ!!!!

ですが現実は...

 

進まない。

 

と言ううか、方向転換すらできない...。

 

やばし...。

 

気づきました。

 

風の影響を受けて、カヌーが流されているんです。

 

風速5mにもみたないような風に!!

 

 

あせった僕は、な、なにかないか!!なにかないのかっ!?と鞄を探ると...ありました。

 

IMG_4424.JPG

 

カヌーに付属でついてた冊子を鞄の中に入れていたのだ。

 

助かった。

 

開いてみると...

 

カヌーとは、カリブに先住したアラワク族インディアンの言葉で、カリブ海周辺の小型舟艇の名称である。それから転じて、世界各地の伝統的な丸木舟を指して使われる用法が一般化しているが、明確な定義は無い。なお、現代の英語において「カヌー」と呼ばれうる船舶は、地域により「カヌー」「カノア」「カノ」「ワカ」「ワア」「ヴァカ」など様々な名で呼ばれている。』

 

...なるほど~♪

 

 

カノアとか言うんだ~ってバカっ!!!!!!!!!!!

 

大切に鞄にしまい、風が止んでる間に船を方向転換し、風に立てることに成功、そこからはしっかりと漕いでいると、流される事はありませんでした♪

 

水上での風の影響は大きいのだなぁ。と言う事を肝に銘じました。

 

その後イイ岩をいくつか発見したので、今後の展開が楽しみです♪

 

IMG_4431.JPG IMG_4433.JPG IMG_4435.JPG IMG_4445.JPG IMG_4441.JPG IMG_4442.JPG

 

 

ご清聴、ありがとうございました。

 

そして今回、カナディアンカヌーを購入するにあたって、いろいろとお世話になった、レモレモカヤックスの鈴木さん、ありがとうございましたん♪

IMG_4409.JPG

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://220.notdesign.jp/mt/mt-tb.cgi/136

コメントする