"220 Outdoor and Ecology" Diary

2015年3月29日

春キャンプ!!



3月21ー22日
ホキガミネで今年初キャンプでした!


LR650-00584.jpg

















2014年11月17日

220 in ネットラジオ


去る2014年11月某日、
FULLFULL、和田、TOMOKI、TOMOHARUの4人が
インターネットラジオに出演してきました。


出演した番組は「HI-WISE(ハイワイズ)」といいまして、
ざっくりいうと、毎回違うテーマを元にゲストを迎え、
高知の音楽文化と食と趣味について軽快にトークしていくというご当地番組。


そしてその「アウトドア」をテーマにした放送で、
「登山」FULLFULL、「キャンプ」和田、「クライミング」TOMOKI、がトーク、
そしてTOMOHAUがDJしてきたというわけです。



オファーしていただいたM本さん、
ありがとうございました!


もしまた機会があれば、
ぜひ、本当にニッチなオタクトークをできるチャンスをいただきたい。
糸(繊維)の単位デニールの説明あたりから喋りますんで(笑)

2014年11月 1日

たーつしたんの結婚式!!

 

イヤイヤイヤイヤ〜。



秋も深まり!?的なっ!?tekinaueta!?

とにかく僕はハッピーな日々が続いておりますっ!!!!

カメラが無くなってました!!!

そして!見つけましたょ!!!

全国のみなさん!!!

 


見返してみてもぐっときます!

ここ最近で1番感動した、僕の音楽の恩師!そして、自然のフィールドではバディを組ませてもらったり、人生では大先輩以上、家族、兄のような存在の@fullfullさんの結婚式ですよっ!!

...まぁインスタやないので、@fullfullとか別にイイんですけどっ!!!!!!

とにかく、ここまで喜びが胸に込み上げるものかと!!
抑える事がこんなにも大変なのかと!!

真面目な話、僕自身。家族にちゃんと向き合えてるかな?とか、優しくできてるかな?って見つめ直せた結婚式でした。

 

 

IMG_3659.JPG

IMG_3706.JPG

IMG_3692.JPG

IMG_3672.JPG

IMG_3670.JPG

IMG_3689.JPG

そんな中、『岳mountain2999』と言う歌をお二人に送らせていただきました。

歌詞です。

『道を見失いそうなmountain

向かい風がやけに冷たく凍えそうなmountain

真っ暗闇で何も見えないmountain

でも、もぅ ここから先の道のりは1人じゃ無いから

辛い登り坂は僕が前を歩き、少しずつラッセル

眼に映る冷たい景色、胸に溢れる暖かな思い

自分の足で歩かないと見えない景色がそこにはあった...'2999'

ずっと終わる事のない辛い道なんてない

きっと乗り越えれる

ずっと尽きる事の無い幸せもきっとない

今を大切に歩いて。』

 

 

 

 

 

 

 

 

...と、言う素晴らしい歌を送らせていただきました!!

俺、最高っ!!!!!

アツシさん、最高っ!!!!!

 

IMG_3664.JPG

ゆうこさん、美人やし、最高!!!!
IMG_3669.JPG

 

 

心より、本当におめでとうございます(o^^o)☆

 

 

IMG_3685.JPG

 

 

Good climbinng life!!!!!!!!!!!!

2014年10月27日

tent mark "焚き火タープ"。


この冬に向けて手に入れたニューアイテム、tent mark "TAKIBI-Tarp TC wing"


一度、台風前日に試し張りをしましたが、
あまりの強風にすぐにたたんでしまったので、先日のキャンプでリベンジしてきました。


仕事中に友人からの突然のお誘いだったもんで、
いつものホキガミネに行こうかとしたんですが、
年に一度、この2日間はテント(キャンプ)禁止という当たり日で、
家から車で2分の河川敷へGO OUT。



写真、すくないですよー。
いずれきちんとレビュー出来ればと思ってます。



このタキビタープは560cm×580cmという大きめのタープで、
ファミリーキャンプなど人数が多いときに使うつもりで購入。


ポールは別売りなので、パイピングとロープに合わせて、
赤いMSRのアジャスタブルポール8フィートにしようかと思いましたが、
Zingの付属ポールのことを考えると強度に不安を感じたので、
スノーピークが史上最強とうたうウィングポール240にしました。

かなりタフなので少々の強風ではびくともしません。(むしろペグや自在の方が心配)
ペグはソリステ30と20を使用しましたが、全部30以上あった方がイイですね。



IMG_0091-2.jpg


このタープの特徴は、生地がコットン混紡生地なので、
その名の通りタープの下で焚き火ができるということ。
これからの季節にはもってこいのアイテムなのです。

とかいいながら、
真ん中にテーブルを置いたので、今回は隅っこの方で焚き火しました(笑)


IMG_0102-2.jpg


このタープを選んだ一番の理由は、焚き火ではなくその遮光性。
200ルーメンのLEDランタンを二つ吊しても、タープの上に光が漏れることはありません。


Zingは軽くてかっこよすぎるのはいいんですが、
その薄さが故に遮光性が悪く、夏場は上からの熱で暑く感じることがあります。
それぞれにイイところがあるので、気分に応じて使い分けていきたいと思います。


それにしても、タープに反射した灯りで
サイトが暗闇に照らし出される様子がかっこよかった。
これは完全に想定外でした。


IMG_0094-2.jpg


2回目という事もあって、まだまだ生地やロープが伸びるので、
時間をみてテンションをチェックしながらの使用でした。


と言うわけで、
今回はこんな中途半端にレビュー終了です!


毎度のジャパンをペリエのように喰らいながら、
グッドミュージックを堪能しつつまったりと過ごしました。
この日は空も澄み渡って星がキレイに見えて流れ星もちらほら。
アウトドアってほんま最高ですね!


IMG_0105-2.jpg


2014年9月15日

まぁ結果良ければ全てよし。


最近引きこもって仕事ばかりしてるせいか、
逃避行を夢見てアウトドアグッズばかりネットサーフィンしてます!

仕事が手につかないレベル!
これじゃあかん!

あ、申し遅れました!
どうもwadaです!

にっちもさっちもいかんなってきたので、
長男の誕生日にかこつけて、ひっさしぶりのファミキャン行ってきました。


今回はアウトドア好きのパイセン、
マッスルミノルさんのおすすめファミキャン場、
リバーパーク轟」に行ってきました。


ミニ四万十川、グラススキー、川遊び、温水シャワー、
トイレもキレイときたら、胸も高鳴ります!

でもミノルさん、結果からゆーと、
はっきりゆーて微妙でした!
いや、ほんまはめっちゃいいと思うんですけどね・・・、
『今回は』微妙でした!!!!!!!!
(さーせん!)



さっそく。



今回、愛車のラムボーイがメンテナンス中につき、軽バンで出発!
この間のキャンピングカー以来のMTで気分はドリキンです!(古)
軽バンのエギゾーストは田舎になじみすぎ。


DSC03277.JPG


まずは行きがけ、窪川と言えば!の峰の上でランチ。
テッパンのモツ鍋ラーメンと各種ランチをご堪能。
このキャンプのために毎夜こん詰めてきて疲れきった体に
エネルギー充填完了です。


DSC03269.JPG

DSC03273.JPG


峰の上から1時間ほどでリバーパーク轟に到着!


DSC03453.JPG


管理棟で受付を済ませて、
早速テント設営。キッズはラジコンで遊びまくり。

【利用料】
大人500円
子ども小学生以上200円


DSC03287.JPG


あれ?おやおや、イメージと違いますよ?
えらい草が伸びまくってて、
ラジコンがはしらんやないかーーー!

ミニ四万十川は草むらと化し、
川へ降りる道も草が伸び放題で最初は道と分からなかったレベル。
子どもたちは怖がって進めません。

グラススキーに至ってはどこにあるか分からない!!
まー子どもたちは楽しんでましたけど〜〜。。。

大分イメージと違って凹んでるところに
この後更なる悲劇が・・・。


DSC03293-2-2.jpg

DSC03304.JPG

DSC03305.JPG


汗だくでテント設営完了!
今回は東屋付近が空いてたので、タープくっつけてリビングの完成。

子どもたちが大きくなって3人用テントで4人は無理ってことで、
父ひとり、外で寝るつもりでしたが、雲行きが怪しくて、
急遽ライペンのスーパーライトツェルト引っ張り出してビバーグ(笑)
(雨降ったら結局濡れるけど)


それにしてもムササビウィングはいつ見てもうっとりします。
(初代ムササビはパイピングとガイロープが緑色なのでシャングリラとも相性ばっちり!)


DSC03314.JPG


んでもって晩飯準備。
夜は寒いだろうってことで、鍋と炊き込みご飯。


いつもは、取りあえず焼き物を持って行ってましたが、今回は焼き物無し!
なんだかちょっとベテランキャンパーになった気分でした。


DSC03315-2-2.jpg

DSC03316-2-2.jpg


暗くなってきた頃に、シャワーにいこうと準備をしていたら、
向かいのキャンパーの方が声をかけてくれました、

『シャワー、男女とも壊れてて使えませんよ』

ぬわんですとーー!!!


移動中ガマンしてたビールをまずはぷっはーとやってから、
あっせだくになりながら設営して、ビールをぷっはーとやった後はシャワー。
さっぱりしたらもういっかいぷっはー!でしょうよ!
それが男のロマン!
キャンプの醍醐味でもあるはずです!


なめとんか金返せーー!
と言うわけにもいかず、泣く泣くサイトに戻り、
燗にしたジャパンをあおって気を取り直す。


川の音、虫の声を聞きながら、時折通る電車の音と、
ポータブルスピーカーから流れる、グッドミュージックを堪能。
寝不足の父は9時過ぎにチーーン。
2時に起きてひとりしっぽりワインをいただきました。

おーの、癒される。


DSC03330-2-2.jpg


でもってグッデストモーニング!
鳥のさえずり、川のせせらぎ、
豪快な電車(鉄橋)の音。

爽やかすぎます。


DSC03361-2-2.jpg

DSC03353-2-2.jpg

DSC03371-2-2.jpg

DSC03384-2-2.jpg


朝食は手ごねハンバーグを焼いてハンバーガーに。
子どもたちも大喜びで、これは定番メニューに仲間入りです。


DSC03399-2-2.jpg

DSC03410-2-2.jpg


一刻も早く温泉に入りたいので、珈琲と紅茶をたしなんで撤収。
一路松葉川温泉に向かうことに。


DSC03426-2-2.jpg

DSC03462-2-2.jpg


・・・と言いつつ、
ホビー館が近いって事で急遽行き先変更!


DSC03485-2-2.jpg

DSC03548-2-2.jpg


再びたっぷり汗をかいた後は温泉へ!


DSC03576-2-2.jpg

DSC03603-2-2.jpg


温泉サイコー。
露天風呂でのーんびりさっぱりした後は、定番の手打ち蕎麦。
その後、隣のアスレチックで三度汗を流してグッバイ松葉川温泉!
グッバイ四万十町!


DSC03584-2-2.jpg

DSC03638-2-2.jpg


ファミキャンはつかれるけど、
やっぱりリフレッシュにはもってこいです!

アウトドア最高!キャンプ最高!家族最高でしょうよ!


2014年9月11日

たまにはギアの話。

DSC03258.JPG

先日頼んだ超軽量ウィンドシェル、
マウンテンハードウェア
ゴーストウィスパラーフーデッドジャケット(の格安品)が届いた。
想像通りの青さに小さくガッツポーズ。


さずがに超軽量というだけあって軽くて薄い。
これで防風・撥水(防水ではない)効果があるとはとうてい想像できない。


重量はなんと59g(M)。


この数字、ギアにこだわりを持つランナーや登山愛好家の方が聞けば、
そのすごさは分かってもらえるだろう。
1円玉59枚分で、日清カップヌードルライトそうめんと同じなのだ!!!!


うす軽すぎて、むしろジップのかさばり・重量感が強調され邪魔にすら感じる。
洗濯表示や注意事項の大きいタグが、あほかというくらいたくさんついているので、
これを入れると実計測ではもう少し重たいと思われる。
田舎弁でいうと「のけたがまし(のけたほうがいい)」である。


こうしたウルトラライト指向のギアは、
シンプルなデザインで生地が薄く、生地や縫製強度の心配が出てくる。
いくらリップストップ(裂け防止)とは言え、少しでも破れてしまえば同じ事だ。
そのくせ軽いほど高価になる傾向があって、このジャケットも例に漏れない。
1gあたり約322円。(メーカー価格であって購入価格ではない)
そこらへんの最高級A5牛肉なんぞ屁のかっぱである。
なんだか気を使ってしまいそうなところだが、さっそくランニングで使用してみた。



使用感
・軽くてまったく邪魔にならない。着ている感覚すらなくなる。(それがウリだからね)
・プリント部分はリフレクターなので夜ランにも使える。両袖・左胸・腰(ワンポイント)
・防風性よろしく、この時期の高知では必要ないことがわかった。(当たり前)
・ジップが通常と逆手なので、走りながら脱ぐ時は気をつけないと間違って破ってしまいそう。
・内側にあるポケットに収納出来るのでかさばらない。
・収納するとむっちゃしわくちゃになる。(試しに入れたらしわだらけ・(T-T))
・フードはタイトで、ジップを締め切った状態だとかぶれなかった。(頭がでかいだけ?)
・アメリカブランドの割にだぼ付きがない(やや細身というウリ)
・大抵袖丈があわないけど、177cmでMサイズがちょうどいい。(体重非公開)



今度は山で使ってみようと思うが、
マウンテンでハードなウェアというメーカー名に反して、
特に荷重がかかる肩口・腰など、長時間の摩擦に耐えられるか心配なところ。
面倒なのでレビューはしないだろう。あしからず。




【余談】

このギアを買った理由の一つが『名前がカッコイイ』からなのだが、
ニュアンスとして「ゴースト(幽霊)のように軽い」という事かと思っていた。

ウィスパラーってなんぞ?ってさっき調べてみたら「囁く人」ということらしい。
「幽霊のささやき」とでも言うのだろうか。
確かに軽そうだが、ある意味でかなり重い。
しかし「天国のささやき」とも言うらしい。いきなりロマンチックである。
(そういうタイトルの海外ドラマがあったようだ)


いずれにしてもこれを着てると、幽霊か天国からの誘いをうけそうで、
験(げん)を担ぐ人が避けそうなネーミングであることには違いない。



2014年6月23日

アウトドア&インドア&ハッピーウィークエンド


この週末は、
ハートフルでゲスでハッピーな週末でした。


【金曜日】
毎月恒例の友人家族とのキャンプ。
某キャンプ場に行くつもりが、
「ご利用は7月からになります」とのことで、
キャンパーの事を考えてない怠慢キャンプ場に毒吐いて、
結局、毎度毎度のホキガミネへ。


DSC01197.jpg


キャンプと言えば焚き火でしょう。

いつもの焚き火台『ユニフレーム ファイヤグリル』
お買い得でサイズの割に軽くて収納もまぁまぁ。
安価なのでなんの気遣いもなく使えます。

でも、極薄ステンレスなのでエッジで手を切ることもあるし、
熱が入ると変形してしまいます。

スノピのように、高くてもいつまでも使えるものもいいですね。
重たいので僕はあまり好きではありませんが。


DSC01169.JPG


今回の新兵器その1は『UCO ステイクライト』。
送料無料にするために買い足した"ついでの品"ですが、
これが案外良かった!
テント入口のペグをこれに変えとくと、なんとなくオサレだし目立ちます。
でも白色ってのがいけてないですね〜。


DSC01161.JPG

DSC01207.jpg


新兵器その2、「プリムス ニョルド ツーバナー」。
見た目もさることながら、この名前が決め手でした。

いままでコールマンの「フォールディングLPツーバーナー」を使ってましたが、
風防付きのツーバナーは大きい鍋が使いにくいのが玉に瑕。

しかしこいつは、プリムス伝家の宝刀「X字ゴトク」のお陰で風防いらず。
ゴトクも大きく、足もしっかりしているので、大きな鍋がストレス無く置けます。
実際は、風にはそんなに強くないとのレビュー多数(笑)でしたが
この日は風もなく、火力&火力調整もばっちりでした。


ダッチオーブンは、『ダッチオーブンと言えば!』のロッジ製。
IH対応なので家でも使えて便利ですが家で使うには重すぎですっ!


そんなこんなで、
蛍が飛び交う山中にてみんなで美味しい夜を過ごしました。




あー、もうキャンプサイコーー!!




DSC01226.jpg

DSC01220.jpg


翌朝は森に入って沢ガニ探検。
しかしまったく見つからず・・・いずこへ〜(T-T)

戻って、サッカーとラジコンで遊んで撤収!!
家に帰って仕事に踊らされながら夕方からは待ちに待ったイベントが!




【土曜日】
夜は『日ノ御子のドSクライマー』を、
事務所にある「赤壁」に招いてのゲスの集いでした。

早速コンペ開始!

DSC01228.JPG


・・・の前に、焼き鳥屋「平吉」がオープン。


DSC01236.jpg


焼き鳥+ししゃも×ビールでほろ酔いになったところで、

いつでも旨い、お取り寄せ「峰の上 モツ鍋」を作り、
その横ではケトルで「美丈夫 燗映えの酒」を火にかける。
ここでもニョルドくんが大活躍。

ダッチオーブンはSOTOのステンレス製で、
ケトルはトランギアの0.9L。

ステンレス製はお手入れいらずで、
ダッチオーブン特有の「鉄の味」が料理にうつらず、
昨日のロッジと比べると、煮込み系ではこちらに軍配が上がりそうです。
ただ、フタが軽いので密封性に劣るというレビューもあります。


モツ鍋の旨さはもう語る必要はありませんが、
熱燗との相性がまた最高すぎる!
そこへドSクライマーの泡盛「山原くいな」が登場で、
一口飲んで「かっはーー!」、
二口飲んで「くっはーーーー!」という具合。


さて、ディープな夜がスタートですわよっ!


DSC01241.JPG

DSC01239.JPG
(袋の中身は生タラバ!)


飲めや笑えやであっという間の2時間。
そこへこの大雨の中、チャリでユースケ登場。
コンペ優勝者の景品と称して生タラバを担いできたもんだから、
みんなの目の色がぎらついた!


てなわけでやっとコンペスタートしたわけですが、
みんなお互いを潰してしまえと飲まし合ったもんだから、
そらもうグダグダ・・・。

出来もしない課題を作り合って、まさかの完登者ゼロ!?
・・・と思ったところで、ティモキが1本完登。


酒も抜けてきた頃に町田が登場し、
さらに盛り上がりをみせるも、
3級クラスでヒーヒーゆうてるゲスっぷり。
その後も白熱のドロ試合が続き、
結局この7,000円相当のタラバガニはティモテがゲットしました。


DSC01252.JPG


コンペの後は、モツ鍋にラーメンをぶち込んで、
炭水化物まつりをしたあと、
外に出せないゲストークが2時まで続いたのでした。


あー、もうドロ試合さいこーーー!
クセになりそうです。




【日曜日】

知人の結婚披露宴で濱長初体験!


しかしのっけから相棒と二人で間違って臨水に行ってしまうという大失態!
なんとか滑り込みセーフで間に合いました(^_^;

『新郎、新婦とも有名人なのでSNSなどへのアップはご遠慮ください』
とのお達しで、まったく写真を撮らず終い。
って、撮影自体はOKだったんですけど、
携帯の電池無かったもんで写真はありません。
どーもすみません。



しかし、めでたい席もさいこーーー!!



そんなこんなで、この週末三日間は家で寝ることがなく、
今夜は3日ぶりに家に居るのに仕事が溜まって寝られるわけありません。


さー仕事仕事。


2014年5月12日

コツコツと...

最近、良くドラゴンボールエリアで、ばったりU2Kくんに会います。w

 

10343493_503298543130410_8177984603060086943_n.jpg



先日は長靴姿で、マットを背負って上流から現れた姿を見た時は...

なにやってんだ!この方はーっ!!と思いましたが、僕もそんなに変わりません。w

tomokingです。

 

 



とは言え、ドラゴンボールばかりもダメなので、久々に斗賀野へリードをやりに行く事に。
愛媛のベーさんとマチルダさんと現地集合。

前の日に岡田さんが虫がすごいから気をつけて!と言ってくれてたけど、虫もいない。

岩はパリパリに乾いてるし...

1517640_503394106454187_1812938872260819353_n.jpg

涼しいし...

コンディション最高っ!!!

『セイレーンの誘惑』12a

 

10372064_503395119787419_2164766018381012681_n.jpg

ん〜...

面白いっ!!!

と言う答えが出たところで、結局ドラゴンボールエリアへ→w

サイヤマンボルダーに少しずつ新しいラインが4本引かれています。

 

10322730_503299136463684_1866543668080381703_n.jpg



左奥、アンダーガバスタート直上
面白い課題!
『マキシマムフラッシャー』 グレード不明?初登 渡辺さん



右抜け『アックマン』グレード2級 初登 渡辺さん  ※写真無し

 

 

 

 

10354964_503396543120610_2616690200424581879_n.jpg

右下、ガバSDスタート
直上『孫五級』5級 初登 U2K氏  ※スタート位置

 

 

10339697_503397703120494_341499119376715988_n.jpg

右下、ガバSDスタート  ※上の写真と同じスタート位置
左にトラバースからの直上『水辺のグレートサイヤマン』2級 初登tomoking

 

10344856_503285246465073_6678217309881217881_n.jpg


その手前の岩にも1本。
『サイヤマントル』5級 初登tomoking

  



その奥の岩にも1本引かれています。

 

この開けたエリアから20分ほどアプローチしたドラゴンヘッドエリアで、トラバース課題も一個できています!

 

1969159_503285296465068_1464376186720548396_n.jpg

『コーヒーキャンディーになっちゃえ!』2級 初登 tomoking

 

 

 

あ、あと、桜岩のあるエリアの入り口にある小さなボルダーにも1本、それから右の沢に少し入った所にあるボコボコしたボルダーにも3本のライン...

それは次にUPしますっ!!!w



それもこれも、全てはいつかのみなさんの協力のもと、掃除をしたおかげだなぁー。って心から思い返しながら、木漏れ日の下でボーっとする時間が最高です。

10256548_503285343131730_2209657473022388257_n.jpg

※この岩、もう一本ラインがあります♪

難しいです☆

 

 

 

☆Good Climbing life☆

 
 

2014年2月21日

熱いお茶的な、220キャンプ

植物も、人も、動物も、組織も、健康み育つって事か、台じなんですぬっ

...

誤字が多いのはわざとですっ!!
tomokingです!!

きちゃいました!!
年に2、3回あると思われる2月20日!!

ないか!!

3年前の2月20日に気の合う仲間が極寒キャンプをしてみよう♪と集まったのがキッカケで、生まれた220☆

音楽、アウトドア、登山、クライミング、フェスなど、いろんな方向で活動しながら、それぞれが切磋琢磨していて、日々の活動を焚き火を囲み語り合う...的な220キャンプをまさかの2月19日から20日にかけて、やっちゃいましたょ!!!

なんと今年は過去最小人数、4人!!

...みんなどこへ行ってしもたんやぁぁぁあーーーっ!!!!!

どこへ、行って、しもたんやーーーーっ!!!!!!

ま、日々努力されてる大人。
忙しい中のさらにド平日のキャンプ。

本当...タフ過ぎますょ!!w

場所が離れていたら...行ってません。www

そぅ!今年はうちの庭こと、『キャンプイン上田』での220キャンプでした。

IMG_2149.JPG

まだまだ小汚い庭なんですが、来年には、ビチーッと芝を生やして、綺麗にしておきますので、どうか、来年も『キャンプイン上田』をどうかよろしくお願いします!!

しかし、『キャンプイン上田』て!ダサいけど、イイ!
昔からある感じが、イイ!!w

そんなこんなで本格的にみんなが集まったのは8時くらい!!

IMG_2126.JPG


いきなりトレーニングの話やら、ギヤの軽さや、値段、使い方や、機能、雪山のラッセルの話、自然の楽しみ方、マナーの話、220Tシャツのデザイン、ヤマネチ、人との出会いetc...

話がつきません!!

さらに、2月は、フルフルさんこと、fullfullさんの73才(本当は逆)の誕生日と、ジケイさんの32才(適当)の誕生日って事もあり、呑むわ、呑むわ!!w IMG_2131.JPG

おおひらさんからfullfullさんへの誕生日プレゼント!!モエちゃん!!

IMG_2132.JPG


泡がパーっと口の中に溢れて、美味しいにきまってますね。

僕からのfullfullさんへの誕生日プレゼント!!

 

IMG_2138.JPG

外マジックなのかなんなのかは知りませんが、これはみんなで唸りました!!美味しかったです!!
個人的にまた買います。

さらに見て下さい!これ!!

IMG_2135.JPG



分かりにくいと思いますので、あえて言いますが...

お肉です!!!!



そんな中、ウィンナーが食べたい。とU2K氏が、おもむろにお箸に刺しはじめたと思うと、焚き火に直でポンっと焼き始めました...

IMG_2140.JPG

イヤイヤ!w
こんなん、絶対焼き過ぎになるでしょーっ!!wってテンション高めで、ツッコんだんだら、落ち着いた口調で、『そぅ?焼けるやろ。』と返された。

...カツオかっ!!!!

このウィンナーはカツオかっ!!!!!

と言う、気持ちを抑え、見守りました。...

 

 

 

IMG_2142.JPG


ほらヤッパリ!www
真っ黒やん!!www

U2K氏が『どひゃー!焼き芋やー!』と楽しそうに焦げた部分を取りながら中身を食べてるのを見ながら。

焼き芋?...と言う顔をする3人。

そこからは、庭にある壁でボルダリングセッション。

 

IMG_2143.JPG


IMG_2146.JPG

 

いろんな面白い課題を作り、登り、気づけば1時過ぎ...。

楽しみ過ぎました!!!

そのまま大平さんは、テント、アツシさんは次の日仕事の為、車中泊、U2K氏はツェルトで就寝...

朝。

僕も仕事なので、6時に起きて、ペツルの散歩をして、少し焚き火をつけて、ふと見ると、U2K氏のツェルトが...w

たるんたるんにたわみ過ぎて、中で寝てるU2K氏の体の形がくっきり分かるくらい、体に張り付いていた...w

ツェルトと言うか、ウィンドブレーカーくらいの機能しかなかったのか、それ以上だったのかは確認していません。w

本当にタフ過ぎです!!w

ツッコミ所満載の今年の220キャンプもこれで終了♪

 

IMG_2151.JPG



楽しかったです。

正直、イイ大人がくだらない時間です!w
ですが、心に余裕がでしました♪

バタバタと急いでる朝などに、どぅぞ。と熱いお茶を出されると、熱いので、急いでは飲めません。
ゆっくり行こう...かな。と少し自分を見つめなおせる。

そんな時間でした。

またみんなで笑いたいです♪

その日まで、日々、いろんな話ができるように、努力を重ねて、行きたいです♪
とにかく、ケガや、事故の無いよぅに♪

220極秘プロジェクトも動き始めました。

ふふふ( ̄+ー ̄)♪

2014年2月17日

桜岩FA

2月中を過ぎましたが...寒い日が続いてますね!!

 

少し春が恋しくなりました。

 

花粉症のtomokingです!!

 

なんやかんやで、ブログ書けないと思ってましたが、なんとか、不具合を回避して、書けるようになりました♪

 

アウトドアのブログが書きたかった!!!!!!

 

心より、クライミングの記事が書きたかった!!!!!!w

 

今年に入り、ドラゴンボールエリア(須崎の岩場)で動きがありました。

 

新しい岩場を発見したのですが、車も止めれて、アプローチも良く、あたたかい、きれいな岩場です。

そこで、2月の最初の週に高知のファンキークライマー達、総勢10名×1匹で、掃除&登ってきました♪

1660226_463504160443182_621962297_n.jpg

大黒岩↑

1800252_463504130443185_1693972094_n.jpgのサムネール画像

↑アースロック

 

オツカレ様でした♪


少しずつ、課題も増えてきてます!!...が課題の紹介はまた次回♪w

岩がぽつぽつと点在するエリアではありますが、ドラゴンボールエリア上流から主要な岩まとめです!!!!

亀仙人ボルダー↓

1549503_453473161446282_599456896_n.jpg
『亀』2Qが一本と、未踏のラインが一本。

 



ドドンパロック↓

551085_453472998112965_461593908_n.jpg
『スーパードドンパ』3Qと、『魔観光殺法』1Qと、未踏のライン数本。
ちなみにこの岩はインスタグラムでポールロビンソンがイイねをくれた岩です!w

道を工事している為今後どうなるかわかりません...涙



ドラゴンヘッドロック↓

10199_453474731446125_512260955_n.jpg
『四星球』4Qと『二星球』2Qと未踏のライン数本。
谷の奥に眠る石灰岩。


大黒岩↓

 

1656151_453474128112852_374500453_n.jpg
たくちゃん初登の『men's dive』1Qがある岩。

川にダイブはしないで下さい。w



桜岩↓

 

1932461_463513530442245_281660005_n.jpg
名もなき5Qと『t&t』3Qと『椿』3Qと『椿寒桜』1Q/初段FAたくちゃんがある岩です。

『椿寒桜』めちゃイイラインです!!

正直、たくちゃんのFAの時...シビレました♪

第2登狙いたい!!!


すごくイイエリアになってきました。

詳しい場所などは今の所、口コミで伝えてます!

少しずつウェルカムな場所になるように、努力を重ねます♪

 

tomoki

 

2013年10月 8日

アウトドアフィルムフェス in 須崎 2013

1377085_377370062394659_1771742973_n.jpg

今年もやって参りました『アウトドアフィルムフェス in 須崎』!
去年に引き続き、220は登山ブース(素人なのに)出展のオファーをいただきました!



●2013年12月8日(日)
●須崎市立市民文化会館
●開場/10:00
●上映/1部10:30〜・2部13:00〜
●入場料/映画ホールへの入場は有料・フェス会場への入場は無料



アウトドアのフィルム上映がメインですが、
会場では、いろいろなアウトドアスポーツを紹介(一部体験も)できるように、
それぞれブースが用意されています。

また、アウトドア用品ショップ『コンパス』さんによる物販や、
須崎市周辺地域の観光協会さんなどによる飲食ブースなども出店されるようです。



詳しくはFACEBOOKのイベントページに随時公開されてってますので、Don't miss it !!



ご注意ただきたいんですが、
このフェスは、『アウトドアフィルムを鑑賞する』事がメインです。
屋外でやるわけではありません!
もちろん外でやれたら最高!んなこと知ってます。
でもこれは違います。
「屋内なのにアウトドアなの?」なんてしょーもないこといわないでね☆
そこんとこよろしくお願いします。



第1回目の去年、
どこの登山協会や団体にも属していない、
まったくのド素人集団220が縁あって「登山ブース」担当で参加。
フェスの実行委員は、なんて冒険野郎だったんでしょうか。
詳細はこちら

18200_257916604335273_252429408_n.jpegのサムネール画像


しかし!
素人ながら臆することなく無鉄砲・無計画にやりきった220が
意外にも好評だったことから、
今回は、紹介&体験ブース丸ごとコーディネーターを引き受けることに!
相変わらず無鉄砲な220ですが、それよりなにより、
ほんっっっっっとに、フェスの実行委員様方は冒険野郎すぎます。


というわけで、DJ入れます!
音楽でごまかします!盛り上げます!
いまんとこそれしか決めてないです!(笑)


とにかくこうご期待です!




2013年7月30日

テントのメンテナンス

これからテント買われる方、
テントを買うなら、やっぱ見た目も大事ですが、
機能性・耐久性を求めた方がいいですよー。


日本は世界的にも有数の雨大国。
雨はテントにとって大敵です。


例えば、誰もが知っているコールマン
コールマンは日本進出してきたときに、
USA仕様の商品をそのまま日本で販売して
環境に合わず、かなり痛い目に遭ったそうです。
そこでコールマン『ジャパン』が生まれたという話。
これには雨、湿気が大きく関わっていたようですねー。



自分のテントも外国製なので雨に強い方では無く、
そろそろかなと、先日テントのメンテナンスしてきました。


つづきはこちらで〜



DSC_0750.jpg

2013年7月16日

ヤマネチTシャツ受注開始しました!


今年、岳人の間で密かなムーブメントになり始めている「ヤマネチ」。
そのオリジナルTシャツがついに登場しました。


詳しくはホームページへ!
http://yamanechi.com/


yamanechi_top.jpg


そもそもヤマネチとは何なのか。


それは、2013年1月、高知の登山家FULLFULL(フルフル)ことフルヤアツシその人が、
登頂の際、その幸福感・達成感を思わず体現したポーズに始まる。


ヒジを曲げ両手で大きく山の字を描き、
ヒザを曲げ股を開いて腰を深く下ろしたそのポーズは「ヤマネチ」と名付けられた。
すぐにそれは本人の予想を遙かに超えるスピードで急速に広まり始めたのだ。


信じられない方も多いだろうが、
こちらのページをご覧になっていただくと分かるように、これはまさにリアル。


山で「やっほー!」なんていつの話か。どれほどローカルなのか。
時代はすでに「ヤマネチ!」である。
万国共通「ヤマネチにあらずんば岳人にあらず」となりつつあるのだ。


さぁ岳人諸君、登ろう!
そこに山があるかぎり!


そして叫ぼう!
達成感、幸福感、心地よい疲労感を与えたもうた山にすべてを還元するために!


こころゆくまで
ヤマネチと!!

background02.jpg

2013年4月 3日

ピロ〜♪


はいどうも。
今日は、ピロー(枕)の話。



いやーこんなちょっとしたもの必要ないやろなーって思ってたのに、
実際使ってみたらちょーいいんでご紹介します。



高価なの物にこしたこと無いんでしょうが、
今回ご紹介するのがこちら。
価格も980円とお求めやすい。
04091648_4f829461abcb7.jpg
■WILD-1 SCピロー 980円



「携帯枕」なんて説明してるわりに
収納時サイズ(約):幅30cm×10cm×10cmで320gなんて、
ザックに詰めて持って行けるサイズでも重さでもないような気がしますが、
普通のキャンプなら全然荷物にならないし、小さすぎず寝返りうっても大丈夫。



何と言っても第一印象が「地味」!お洒落度なんてゼロ!
これ、デザイン性をはぶいて機能性重視=安価でいいもの。
という黄金の方程式をもった数少ない商品なんじゃないかと思います。



インフレータブル(空気注入式)なので、
空気多めに入れとけば、使いながら空気を抜いて調整できます。
空気入れるだけの風船みたいなピローは
ポヨンポヨンして気持ち悪かったんですが、
こいつはウレタンの量も自分にぴったり、(←ここが良い)
布も良い感じで柔らかくて気持ちいい。(←ここも良い)
要するにこいつが僕に合ったというわけですね。



ピローがあれば、寝床が多少固くても、
頭んところが柔らかいので寝心地が全然違います。
キャンプで寝心地悪くてぐっすり寝られないなんて人にも◎。
一度試してみては如何でしょうか。



家で枕派の人は絶対枕を使った方が良いですよー。



2013年3月 7日

2月20日はニーニーゼロの日


ということで、毎年恒例の220の日キャンプ。
今年も始まりの地クトゥでやってきました。

どうも、220いち日本酒好きのワダです。
この日、気温は氷点下までは下がらず、
風もなく、ここ最近では一番の冬キャンプ日和。
海の音、山の音、焚き火の音、笑い声・・・。


ほら、いわんこっちゃない! 
最高やんか。

20130220-055.jpg

20130220-057.jpg


クトゥは年に1回しか来ないから、
メンバーの変化がよく分かります。


最初はただの「アウトドア」という大きなくくりで集まってたのが、
今はアウトドアの中でも自分が好きな分野で主に活動してて、
それぞれにお互いを誘い合ってるっていう、、、
思い返せば、「そーありたい」と思ってたスタイルになってきつつある。


もう少しこのまま歳を重ねていけば、
気づいた時には「そーありたい・ザ・スタイル」が完成しているような気がします。


20130220-047.jpg

20130220-052.jpg

20130220-064.jpg

20130220-060.jpg

DSC_0492.jpg

というわけで、

ダルマ朝陽で締めて解散!

クトゥはまた来年です。


2013年2月 2日

ワダです。やっと初キャンプ。

wadaです!
今年もひと月が終わろうとしたところでやっと初キャンプに行ってきました。
今回は、安芸病院の看護士おやじ3人組に混ざってきました。
2月キャンプも決まり、今年も順調にアウトドアを楽しめそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日程/1月30日ー31日
場所/ホキガミネキャンプ場
(要連絡・利用無料・薪ひと束200円・電源アリ)
天気/晴天
気温/明け方は氷点下だったらしい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC_0365-2.jpg



2012年12月 4日

OUTDOOR FILM FES in SUSAKI終了!

2012年12月1日(土)、須崎市民文化会館で開催された
OUTDOOR FILM FES in SUSAKI』に出展してきました。

メンバーから集めたギアなど
を展示し、
実際に手にとってもらう事で、メーカーの違いやサイズ感、使用感など
体験してもらいました。

思いかえすと、
ほかにも展示しといたら良かったなーというギアもあったり、
バタバタしてなかなか話を出来なかったり、
展示や対応など、反省するところもありますが、
アウトドア好きのステキなお客さんたち、
スタッフの方々のご配慮のお陰で、
無事終えることが出来たことを本当に感謝します。

みなさん、ご来場ありがとうございました!

スタッフの方々も初めての試みでものすごく大変だったと思います。
220のような烏合の衆に出展させていただきありがとうございました。

本当にお疲れ様でした。

また、諸事情で参加出来なかったのにもかかわらず
大事なギアを快く提供してくれたメンバーや、
当日の手伝いをしてくれた2人の山ガールにも感謝!!



自分とこしか撮ってないザマですが、
以下写真です!

463694_417735951632835_864306050_o.jpeg
ブースの後ろにはこれまでの活動写真を集めた3m×4mの巨大パネルを展示。

DSC_0142.jpg
天を覆う巨大タープMSR『Zing』。かっこよすぎです。

703563_536451003051517_2076808021_o.jpeg
高知県内のキャンプ場と四国の山を紹介したパネルも展示。

704111_536451046384846_1949431132_o.jpeg
704436_536451103051507_1634647714_o.jpeg
415160_536451199718164_897320686_o.jpeg469181_536451279718156_2109800867_o.jpeg
キャンプも登山もごちゃまぜ。

704339_536451253051492_97183224_o.jpeg
GO LITE「シャングリラ3」とモンベルの寝袋「#0」のテント泊体験コーナーが人気でした。

704776_536451343051483_62313398_o.jpeg
振る舞いチャイも大好評。チャイを作って提供してくれたあゆちゃん、ありがとう!

DSC_0149.jpg
実際に手にとってもらって、できる限りの説明もさせていただきました。

DSC_0140.jpg
エントランスホールから見上げるとこんな感じ。インパクトありすぎ!

DSC_0151.jpg
徳島から来てくれたすだちくん、笑顔がステキ!

DSC_0155.jpg
ほんとにすごい人、人、人。



メンバーきっての山男FULL FULLが諸事情で不在だったため、
アルプスの山々の話をしてくれたお客さん方の相手にはなれませんでしたが、
山の話、ギアの話、キャンプの話などいろんな方とたくさん話が出来て楽しかった!


『まだまだマイナーだから、どんどんアピールしてくれたらうれしいなぁ』
と行ってくれたソロクライマーのおじさんの、
『自分はいつも1人だから君たちが羨ましいよ(笑)』
と言っていた表情がとても印象的でした。


アウトドア好きがこんなにいるのか!と思ってしまうくらいたくさんの方々が来場し、
スラックラインやボルダリングなどの体験をしたり、
220ブースにも立ち寄っていただいてほんと大盛況でした。
普段過酷な環境を強いられているギアたちも、皆さんとふれ合えて喜んでいたと思います。


ご来場、本当にありがとうございました!!


18200_257916604335273_252429408_n.jpeg

2012年8月21日

220三嶺登山!


2012年8月19日。
220メンバーで三嶺(みうね/さんれい)に登山!


おっさんばっかりですんません!

834505_1745632819_159large.jpeg
撮影:SUNEO




●三嶺:1,893m
●天気:曇り時々晴れ時々雨。
●メンバー7名:FULL FULL, wada, TOMO, yo-hey, SUNEO, U2K, TOMOKI
●コース:登り/ヒカリ石〜フスベヨリ谷コース〜三嶺(山頂)
    下り/三嶺(山頂)〜西熊山〜お亀岩〜カンカケ谷〜ヒカリ石



ヒカリ石登山口が標高913m、頂上までの標高差980m。
朝5時20分登山開始、10時半ごろ三嶺ヒュッテで食事、
夕3時半〜4時下山完了というかなりハードな山行となりました。


フスベヨリ谷コースは四国の中でも難コース・ハードコースと言われ、
初体験のメンバーには、「しんどい」「相当ハード」「登れんかも」
という前情報をすり込んで、かなりの覚悟を持って望みました。


834505_1745632756_139large.jpeg
撮影:SUNEO



お陰で1人の脱落者もなく、
見事全員下山。
みんな根性あります。



ふつうに考えて、平地でも9時間ちかく歩き続けるのはしんどいのに
加えて、登ったり降りたり、ときにはクマの脅威に感覚を研ぎ澄ましながら
歩き続けるという肉体と精神両面でのハードっぷり。
それを乗り越えられる人間のカラダってすごいな〜と感心するばかりです。



そのハードコースは上の写真を見ても分かるように、
優麗な自然があり神秘的な景色が広がっています。
ハイリスク、ハイリターン!


DSC_0188.jpg




その様子は、メンバーがぼちぼち自分のブログにアップしてくれてますので、
こちらをご覧下さい!


SUNEOの部屋『前編』

『後編』



FULL FULL



2012年7月30日

ラフティング=川最高!

2012年7月28日(土)晴天

この日、
mowcandle・もーちゃん、
カメラマン・ナオミチと、
ジケイ、ワダの4人で、
吉野川にラフティングしに行ってきました!


リオブラボー(川最高!)さん、あざーーっす!


あんまり楽しすぎて、
行きのバスと、お昼休憩しか写真を撮ってないのもしかたない。
あのおもろさは半端なかった。



ラフティングだけでなく、
途中、激流に飛び込んだり(顔から落ちててんやわんや)
7mぐらいの高さから飛び込んだり(いろんなものが縮みあがった)
岩の上でおにぎり食ったり(登山のときとは違った飯のうまさ!)
川に浮かんでずーっと流されたり(寝られるくらい気持ちよかった!)
県外からのお客さんと親睦を深めたり(交流って良いッスね〜)
もーちゃんが死にかけたり(端で見るとおもろかった!失礼!)
もーちゃんの靴が両方流されたり(裸足で野人化)
もーちゃんの靴がゴール地点にそっと置かれてあったり(人間って良いな)
1日中、川で遊びまくりました。



ほんまに川最高!
リオブラボー!



今度は平日いってもっと遊んできたいと思います。


IMGP0011.jpg



リオブラボーさんがばっちり写真を撮ってくれてるので、
それが届き次第もう一回アップします(笑)!



2012年7月23日

初登山の2人 in 瓶ヶ森。


日時/2012年7月20日(金)
お山/瓶ヶ森(1896m)
天候/曇り時々晴れ(下山後は雷を伴う土砂降り)
メンバー/wada、jikei、SUNEO、G-KEN。


SUNEOが休みってコトで、急遽登山決定。
今回は、登山というよりはショートトレッキングのようなコースの、
瓶ヶ森に行ってきました。
(注:標高1,671mの瓶ヶ森林道横にある登山口からスタート


メンバーは、
これが人生最初で最後の登山になったというG-KENと、
登山という名目で山に入るのは初めてという山育ちのjikeiと、
瓶が森初のSUNEO、
2回目のwadaで、朝4時いの町クラウドに集合。


jikeiとSUNEOのちゃんとした(?)格好とは裏腹に、
wadaはバスケ(インドアスポーツ)のユニフォーム、
巨漢G-KENはかなりラフな出で立ちで出発。



7時前、登山開始。
8時頂上。
九時半頃下山完了。
10時半、木の香(温泉)。
12時、時屋(そば処)。
最後に、mowcandleによってグダグダして帰ってきました。

834505_1710399132_215large.jpeg
登山口駐車場にて。(左からG-KEN、jikei、wada)


834505_1710399096_251large-1.jpeg
山頂。


834505_1710399084_241large.jpeg
下山。


RIMG0294.jpeg

834505_1710399075_228large.jpeg
時屋。


834505_1710399041_87large.jpeg
mowcandle




●SUPER RHYME BLOG



2012年7月10日

石鎚山  短編レポ

220登山の短編レポでございます。

 

忙しい日程の中、ほぼ無理やり予定を合わせて登った最高の一日。

 

これは僕の見た風景。

 

続々と続きます。

 

 

http://omarion0326.blog.fc2.com/

 

fc2blog_20120708203054a20.jpg

2012年6月12日

簡単外めし。


こいつ、キャンプでも使えそう!

099090909909.jpg



ゆでたパスタにかけて混ぜるだけ!



010910901.jpeg




それぞれ8食入りの小分けタイプなので、
必要な分だけ持ってけばコッヘルなんかにも入ってしまう。
一袋(8食入)400円〜600円で、財布にも優しいし案外うまい。


ちょっとした野菜とかベーコンとか使えば、
こじゃれたパスタが超簡単にできてしまいます。


パスタをゆでたお湯はなかなか使い回しができずに捨てることが多いので、
さすがに、登山には持っていけませんが、オートキャンプやBBQに持ってけばいいかも!


料理苦手なダメンズやパパッとつくりたいときにもってこいです。
手抜きレストラン&カフェなんかでも使ってるはず。



おすすめですぜ。





2012年5月14日

トランギア ツンドラ3

ワダです!

念願のコッヘル&クッカーをゲットしました!

素材はアルミと決めていたのと、
スタッキング性、サイズ、評価、周りに使ってる人が居ないって点で、
ずっと気になってたトランギアのコッヘル&クッカー。
なかでも、ツンドラ3のサイズ感は今の自分のアウトドアスタイルにぴったり。



DSC_1396-2.jpg


袋はカタログで見ると山吹色にしか見えないけど、
実際はほぼ赤と言っていいオレンジ。


DSC_1397-2.jpg


ツンドラ3に、
ケトル(0.9リットル)、マルチディスク(黒い皿のようなやつ)を買い足して、
キレイにスタッキングできると言うことだったので一緒に購入。


これをさらに大きいコッヘルに入れてスタッキングするシステムを、
トランギアシステムというらしい。



30-3.jpeg





DSC_1398-2.jpg


図を真似してみる。

キレイに収まってる。

かのように見せかけて・・・





2012年4月24日

シャレオツ!

DSC_1198.jpg


お土産で貰ったこの物体。

一瞬なにか分からないけど、

金属部分を外してひっくり返してねじ込むと、


DSC_1200.jpg


ワイングラスに早変わり。

シャレオツ!





シンプルな作りなのに、名前が長い(笑)

■GSI グレイシャー ステンレス ネスティングワイングラス

2012年2月 4日

hygge56:寒波 DE キャンプ

先日の寒波ど真ん中にキャンプ行ってきました。


集合/仕事上がり。
解散/早朝。
メンバー/キャンプに行きたくてしょうが無かったフジモン。
 どうしても一緒にキャンプに行きたかったFULL-FULL。
 自分。それと、途中参加、途中帰宅のともき。
場所/浦の内
予報気温/マイナス4℃。


DSC_0798.jpg

まずはこいつで乾杯!
初めて飲んだけど、最初に飲むにはいい感じのこってりブラックビール。
んまかった。

P2020115.jpg

ご飯は、軽めの焼きモノと、塩ちゃんこ!
鍋さいこーー!
今回は三方を壁に囲まれた休憩所みたいなところでやったので、
風も弱くカセットコンロが大活躍。

DSC_0794.jpg

しかし、それでもあんまり寒くて、
デストロイヤー(目と鼻だけでているニットマスク)を装着。
途中、ともきがスラックラインを持ってきたので、みんなでワイワイやって暖まって、
熱燗とアランモルトでしっぽりやって早めに就寝。

6時すぎ起床。

DSC_0799.jpg

車の中の荷物用トレイ置いていたミズがこおって容器(こいつ)から吹き出し、
一緒に置いていた鞄もこおってトレイと一体化してた。

DSC_0801.jpg

テントは内側も氷ってたし、テントに触れてた毛布の一部も氷ってた!
芝生も全面氷ってた!
朝買ったホットのお茶が、ものの30分でこおり始めるし、
そら寒いはずや〜。

DSC_0807.jpg


2012年1月24日

hygge56:シャングリラ3用グランドシートを作る。

夕べの氷点下キャンプから帰ってきて、
テント(シャングリラ3)や寝袋などを乾かしていて、
ふと、シャングリラ3専用グランドシートを作ることを思い立つ。



既にグランドシートとして使っていたタイベックを広げて、
シャングリラ3の六角形にあわせて成形することにした。



グランドシートは、テントと地面の間に敷くシートのことで、
テントが石や植物なんかで破れたりしないようにする保護シート。



別売りで売っていたりするんだけど、
重いので使いにくかったりするらしい。



DSC_0743-2.jpg
(だいぶ使用しているのでシワだらけなのは堪忍)



タイベックは建築資材で、
軽量で破れにくく、水を通さないので、
テントのグランドシートとしても使われることが多い。



まずは、PCで製図。

grandseet_zu.jpg


持っているタイベックは2100mm×2400mmなので、
図のように、幅2100mmの正六角形(グレー部分)になるようにする。


シャングリラのネストの実寸幅は2330mmほどあったので、
このグランドシートは左右115mm程度小さくなる。


そもそもグランドシートはテントより小さくないと行けないのと、
(テントからはみ出ると、雨がテントとシートの間に入るため)
三角テントの場合、隅っこの方はデッドスペースなので、
これは大きな問題にはならないはずだ。





つづいて、成形を始める。





まず、下30cmを(図の赤ライン部分)をカット。
カットはここだけ。


つづいて、図のグレー部分が残るように、余分な部分を折って行く。
切らずに折るのは、折り重なった部分が強度が出るから。



DSC_0745-2.jpg



四隅を折って行くとキレイな六角形になる。
ネストを重ねてみると、想定通り10cm強、タイベックが小さい。



DSC_0746-2.jpg


折り返した部分はボンドで貼り付けた。
これを裏返すとこんな感じ。


DSC_0747-2.jpg



なかなかいい!
シェルターだけ貼るときにも、ペグ打ちの目安に使えるじゃないか。
文字も良い感じに収まってデザインもよろしい。



よく見ると、弱ってきている箇所があったので、
最初に切りとったあまりを小さくカットして補修に当てた。
まだまだ余っているので、しばらく補修することが出来そうだ。



仕事に影響が出ると行けないので、本日の作業はここで一旦終了。
30分くらいの作業だっただろうか。



こちらのかたが、
ネストにあわせてタイベックも貼れるアイデアを書かれているから、
そのうち真似してみようと思う。



ほんとは、2枚くらい重ねたいけど、重たくなるのが嫌なので。
一旦使ってみて、思い出せばまた経過報告したいと思います。



ではでは。

2012年1月17日

アイアム、ゴリラ。

これまで、ミレーの30Lクラスのバックパックを使ってきましたが、
だいぶお年寄りなので、それ自体が重く不便な部分もあったので、
かねてからニューカマーをもとめていました。


今回のポイントは、
予算の範囲であることを前提にこの5つ。

1、サイズ40〜50L
2、デザイン
3、色/白
4、重さ/軽い
5、機能



昨年春頃からずーっっっと悩んでて、
11月頃、3つまで絞り込んで、販売店にしつこいくらいいろいろ質問して、
何回もやりとりして、夕べやっと頼んだ!



ゴッサマーギア ゴリラ!!






滋味!!
しかも白じゃ無くグレー(笑)


シンプルなデザインとキレイなフォルムに惚れて、
決めては大容量、約6Lのメッシュポケット。
そして何と言ってもこのサイズで実測657g!


最近芽生えたUL(ウルトラライト)指向にもぴったり。
早く届かないかな〜。






ちなみにほかの候補はこちら。

yhst-72629531875391_2185_68784.gif


front_2.jpeg



この二つは、同じハイブリットキューベンと呼ばれる素材で出来ていて、
これまた相当軽い。
白ってのがサイコーにかっこいいんですが、
一番欲しかったcilo gearは700ドル!高すぎ!
HMGかGGかで悩んだあげく、
メッシュの細かさという、相当細かいデザイン性でGGゴリラに決定(笑)



届いたら、早速次の予定を立てたいと思います!

2012年1月16日

日の出と登山

1月15日、日曜日早朝、

友人たちと日の出をおがみに天狗高原に行ってきました。

曇ってて日の出は拝めず残念!!



このときU2Kのスントには
『マイナス12度』の表示。

半端なく寒かった!


hinode-112.jpg

hinode-113.jpg


上でお茶を沸かしてみんなで飲んで、渋々下山。

その背中にはこころなし哀愁が漂ってます。




その後、天狗荘でソリを借りて遊ぶことに・・・といいながら、

アウトドア魂に火がついてしまい、

僕(hygge56)とヨーヘイは向かいに見える山の上でコーヒー作って飲もう!

って事でここからみんなと別行動。




hinode-101.jpg

hinode-102.jpg

hinode-103.jpg

hinode-106.jpg

hinode-107.jpg


hinode-108.jpg

hinode-111.jpg



登ること1時間。

1400m級といえど、やっぱり下界よりちょっとは酸素薄く息が上がるのも早い。

こんなに雪が積もった山道を登ったことがあまりないので、

滑るし息切れすごいし、足下がおぼつかずフラッフラ。




ようやくたどり着いたところで、

雪を溶かしてコーヒーを作りました。

こういうのがアウトドアの醍醐味!

やっぱりうまい。


hinode-104.jpg

hinode-105.jpg


天狗荘から標高差は100mくらいだし、

セラピーロードなんてファンシーな名前だし散歩気分で出発して、

調子に乗って途中から登山道と書かれたところに入ったのがあまかった。

靴だけフジヤマできてたので助かりましたが、水も持たず何考えてんだか。

結局2時間あまりのガチ登山になってしまいました。


hinode-109.jpg

hinode-110.jpg


しかし景色はサイコーでした!

今度はちゃんと装備して、220メンバーみんなで雪山登山に行きたいです。



2011年9月28日

hygge56:三嶺初登山っす。

週末、母親と四国の名峰、三嶺に登ってきました。
久しぶりの運動が登山で、しかも三嶺(初)。
今考えると、なんて無茶な。という感じです。


ーーーーーーーーーーーーー
■2011.9.23(日)晴 

8:00   光石登山口発〜フスベ谷コース 
13:00 三嶺山頂
14:00 発〜さおりが原コース
17:00 光石登山口着
ーーーーーーーーーーーーー


僕が初めてということと、道が崩れたり、水が出ていたりで
のぼりにかなり時間を要してしまった。

この数ヶ月、まともな運動をしてなかったし、
キャンプばかりで登山は10ヶ月ぶり。
デスクワークばかりでひよった足腰にはかなりきつかったです。

筋肉痛が3日続く始末。 
正直、嘘でも大げさでもなく、人生で一番疲れたと思う。




というわけで写真はこちら。

P9230353-2.jpg P9230384-2.jpg P9230385-2.jpg P9230393-2.jpg  P9230417-2.jpg P9230418-2.jpg P9230428-2.jpg P9230438-2.jpg P9230443-2.jpg P9230448-2.jpg P9230450-2.jpg



母が言うには、昔はもっと自然が深かった。
森の下草もほとんどなくなってて、笹もだいぶ減っている。
昔、頂上はほとんど笹に覆われていたのだとか。


まぁどっちにしても、今回は自然を楽しむ余裕なんてほとんどなかったですけど。




こちらにもう少し詳しく写真&日記書いてます。




さて、次はどこに登ろうかな・・・。

2011年8月 2日

ZING初張り!!!

先日、220で共同購入したZINGの初張りキャンプ行ってきました!

in ホキガミネ!

ホキガミネはすでに220のホーム的キャンプ場になっちゃってますね。


834505_1242767388_197large.jpeg

834505_1242767483_67large.jpeg

ZINGでかい!!

奥の方に別のファミリーがタープ張ってますけど、
倍くらいありました。
僕のシャングリラ3がすっぽり入ります。


しかもこれかっこいい!
ハンパなくかっこいいです。

次は・・・木曜のミーティング(というなのBBQ)、
そして、おそらくその次はフェスデビューです!


楽しみ!!


Sound Tribe Sector Nine / Better Day